本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル

平成28年4月16日平成28年(2016年)熊本県熊本地方を震源とする地震非常災害対策本部会議

  • 写真:挨拶する安倍総理1
  • 写真:挨拶する安倍総理2
挨拶する安倍総理1の写真を表示 挨拶する安倍総理2の写真を表示

 平成28年4月16日、安倍総理は、総理大臣官邸で「平成28年(2016年)熊本県熊本地方を震源とする地震非常災害対策本部会議」(第6回)に出席しました。

 会議では「被害状況及び各省庁の対応状況」等についての報告・議論が行われました。

 総理は、冒頭の挨拶で次のように述べました。

「今般の地震により、亡くなられた方は30名を超えるに至りました。改めて御冥福をお祈りするとともに、被災された方々に対し、心よりお見舞いを申し上げます。
 被災地では、自衛隊、警察、消防など2万人規模の実動部隊により、懸命の救命・救出活動が行われています。既に雨が降り始めており、これからますます雨・風が強くなる中、夜間の救命・救出活動は、極めて困難なものになると思いますが、助けを待っている方々がおられます。引き続き『人命第一』で、全力を尽くしてください。
 これから多くの方々が、避難所で不安な夜を過ごされることになります。水や食料、毛布などの生活必需品の提供に万全を期すことはもとより、高齢者や乳幼児等、配慮が必要となる方々にも十分に目配りをしながら、きめ細かな支援を徹底していただきたいと思います。関係機関、被災自治体が一体となって、できる限りの対応策を講じていただきたい。
 強い地震が相次ぐ中、避難の長期化も予想されます。住環境の確保なども含め、関係機関が一体となって、被災者の支援に万全を期してください。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.