本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成28年4月17日平成28年熊本地震被災者生活支援チーム

  • 訓示を行う安倍総理1
  • 訓示を行う安倍総理2
訓示を行う安倍総理1 訓示を行う安倍総理2

 平成28年4月17日、安倍総理は、総理大臣官邸で第1回「平成28年熊本地震被災者生活支援チーム」に出席しました。

 会議では、河野太郎内閣府特命担当大臣(防災)挨拶の後、古谷一之内閣官房副長官補(内政)からの説明及び各省庁からの報告が行われました。

 総理は、冒頭に訓示を行いました。

「今般の平成28年熊本地震については、多数の方が亡くなられるなど甚大な被害となり、現在も10万人を超える方々が、避難所での不自由かつ不安な生活を余儀なくされています。食料や水、紙おむつなど、生活必需品に加え、トイレの確保、医療や医薬品の提供、さらには住宅や宿泊施設の確保など、被災者の皆さんの多様なニーズを的確に把握しながら迅速に対応し、被災者の皆さんの生活を全力で支援するため、各府省庁事務次官級による全府省庁一体となった被災者生活支援チームを、ここに立ち上げました。
 この支援チームで緊密な連携をとりながら、政府一丸となって、先手先手で被災者の生活支援に対応してまいります。『現場主義』を徹底して、最前線で災害対応に当たっている被災市町村を支援するとともに、被災者のニーズを的確に把握して、迅速に対応することが重要です。
 いずれにしても、被災者の気持ちに寄り添って、政府を挙げて、全力を挙げて、取り組んでいきたいと思います。正に皆さんの双肩にかかっています。よろしくお願いいたします。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.