月例経済報告等に関する関係閣僚会議

平成28年4月21日
会議に臨む安倍総理 会議に臨む安倍総理
会議に臨む安倍総理

 平成28年4月21日、安倍総理は、総理大臣官邸で月例経済報告等に関する関係閣僚会議に出席しました。

 4月の月例経済報告では、我が国経済の基調判断として、現状については、「景気は、このところ弱さもみられるが、緩やかな回復基調が続いている。消費者物価は、緩やかに上昇している。」としています。
 先行きについては、「雇用・所得環境の改善が続くなかで、各種政策の効果もあって、緩やかな回復に向かうことが期待される。ただし、海外経済で弱さがみられており、中国を始めとするアジア新興国や資源国等の景気が下振れし、我が国の景気が下押しされるリスクがある。こうしたなかで、海外経済の不確実性の高まりや金融資本市場の変動の影響に留意する必要がある。また、平成28年(2016年)熊本地震の経済に与える影響に十分留意する必要がある。」としています。

関連リンク

総理の一日