一億総活躍国民会議

平成28年4月26日
発言する安倍総理1 発言する安倍総理1
発言する安倍総理1
発言する安倍総理2 発言する安倍総理2
発言する安倍総理2

 平成28年4月26日、安倍総理は、総理大臣官邸で第7回一億総活躍国民会議を開催しました。

 会議では、「子育て・介護の環境整備、特に保育・介護人材の確保」及び「成長と分配の好循環のメカニズム」について議論が行われました。

 総理は、本日の議論を踏まえ、次のように述べました。

「本日も活発な御議論をいただきまして、ありがとうございました。
 保育・介護人材の確保のためには、ニッポン一億総活躍プランにおいて総合的な対策を取りまとめることが必要です。
 第一に処遇改善、第二に多様な人材の育成・高齢者等の活用、第三に生産性の向上を通じた労働負担の軽減、やりがいを持って安心・快適に働ける環境の整備といった点について、財源を確保しつつ、2017年度から実行します。
 保育士の処遇改善については、新たに2%相当の処遇改善を行うとともに、キャリアアップの仕組みを構築し、保育士としての技能・経験を積んだ職員について、競合他産業との賃金差がなくなるよう処遇改善を行います。
 介護人材の処遇改善については、キャリアアップの仕組みを構築し、競合他産業との賃金差がなくなるよう処遇改善を行います。
 次に、成長と分配の好循環のメカニズムです。本日、石原大臣から好循環のメカニズムの定量的試算と600兆円に向けた方針が提示されました。これらの成果を反映して、ニッポン一億総活躍プランを策定することといたします。
 今回で、個別のテーマについての議論が終了しました。来月中にニッポン一億総活躍プランの閣議決定ができるよう、加藤大臣におかれましては、石原大臣やまた、塩崎大臣始め関係大臣と協力して、作業を加速していただきたいと思います。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

関連リンク

総理の一日