本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成28年5月20日持続可能な開発目標(SDGs)推進本部

  • 発言する安倍総理1
  • 発言する安倍総理2
発言する安倍総理1 発言する安倍総理2

 平成28年5月20日、安倍総理は、総理大臣官邸で第1回「持続可能な開発目標(SDGs)推進本部会合」を開催しました。

 会合では、「持続可能な開発目標(SDGs)の実施のための我が国の指針の策定」等について議論が行われました。

 総理は、本日の議論を踏まえ、次のように述べました。

「持続可能な開発目標SDGsは、前身であるMDGs(ミレニアム開発目標)と異なり、先進国を含む全ての国が取り組む世界共通の目標です。この観点から、日本においても、私自身を本部長とするSDGs推進本部を立ち上げ、日本政府としての実施指針を作成することを指示しました。
 持続可能な開発は、伊勢志摩サミットでも大きな議題となります。議長としてG7各国のリーダーにもSDGsへの積極的な取組を呼びかけるため、我が国として以下の貢献策を決定しました。
 まず、途上国の女性の活躍です。このために新たに策定した開発戦略に基づき、3年間で5千人の女性行政官等の育成と5万人の女子の学習環境の改善に取り組みます。
 また、国際保健について、公衆衛生危機対応、感染症対策、ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ達成のため、グローバルファンド、WHO、世銀のパンデミック緊急ファシリティ等に対して、今後新たに約11億ドルの支援を行う方針です。
 難民を始め、深刻な人道危機に直面する中東地域の社会安定と包摂的成長のため、本年からの3年間で、約2万人の人材育成を含む約60億ドルの支援を行います。同時に、シリアの若者に日本への留学機会を増やし、また、難民支援の現場にJICA専門家等を派遣したいと思います。
 関係閣僚においては、G7伊勢志摩サミットの成果を基に、8月に初めてアフリカで開催されるTICAD、9月の国連総会に向けて、我が国がSDGsの取組において世界をリードするよう、緊密に連携し、政府一丸で取り組むようお願いします。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.