国と地方の協議の場

平成28年5月23日
挨拶する安倍総理1 挨拶する安倍総理1
挨拶する安倍総理1
挨拶する安倍総理2 挨拶する安倍総理2
挨拶する安倍総理2

 平成28年5月23日、安倍総理は、総理大臣官邸で平成28年度第1回「国と地方の協議の場」に出席しました。

 会議では、「『骨太の方針』の策定等」及び「一億総活躍、地方創生及び地方分権改革の推進」について協議が行われました。

 総理は、冒頭の挨拶で次のように述べました。

「まず、熊本地震に際し、地方六団体が中心となって、即座に全国各地から1,400名を超える職員を被災地に派遣するなど、被災地の復旧・復興に強力に支援されていることに敬意を表するとともに、感謝申し上げたいと思います。
 政府としても、被災者の生活・生業の再建、被災地の復旧・復興に全力を尽くしてまいりますので、引き続き、地方六団体の皆様の御支援・御協力をお願い申し上げます。
 さて、今回は、本年度第1回目の『国と地方の協議の場』であります。
 アベノミクスにより、経済再生と財政健全化の双方が着実に進んできておりますが、デフレ脱却に向けては道半ばであります。国と地方が一体となって、『GDP600兆円の実現』、そして『希望出生率1.8』と『介護離職ゼロ』の実現により、より強固な『成長と分配の好循環』を創り上げていきたいと思います。10年先の未来を見据えたロードマップを定めて効果的に実行し、『一億総活躍社会』を創り上げてまいります。
 地方創生については、ほぼ全ての自治体で地方版総合戦略が策定され、本格的な『事業展開』の段階に入ります。
 また、地方分権改革についても『地方版ハローワークの創設』など、数多くの改革を実現いたしましたが、改革に終わりはありません。
 引き続き、地方の発意による地方創生や分権改革が力強く推進されるよう、国としても、しっかりと後押ししていく考えであります。
 本日も、これらのテーマについて、地方の率直な御意見をいただき、それらを踏まえて、政策を進めていきたいと考えておりますので、よろしくお願い申し上げます。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

関連リンク

総理の一日