本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル

平成28年6月6日東日本大震災5周年復興フォーラム

  • 写真:宮城県多賀城高校の生徒と交流する安倍総理
  • 写真:出展企業のブースを視察する安倍総理1
  • 写真:出展企業のブースを視察する安倍総理2
  • 写真:出展企業のブースを視察する安倍総理3
  • 写真:女性起業家の方々と座談会を行う安倍総理
宮城県多賀城高校の生徒と交流する安倍総理の写真を表示 出展企業のブースを視察する安倍総理1の写真を表示 出展企業のブースを視察する安倍総理2の写真を表示 出展企業のブースを視察する安倍総理3の写真を表示 女性起業家の方々と座談会を行う安倍総理の写真を表示

 平成28年6月6日、安倍総理は、都内で開催された東日本大震災5周年復興フォーラムを訪問しました。

 総理は、宮城県多賀城高校の生徒と交流した後、出展企業のブースを視察するとともに、女性起業家の方々との座談会を行いました。

 視察後、総理は次のように述べました。

「まず最初に、今日は多賀城高校の皆さんから防災についてのお話を伺いました。それぞれ、発災時は小学生だった皆さんが、その時の辛い体験、厳しい体験、この体験の中から防災に貢献していきたいという気持ちで、多賀城高校において、防災科学を学んでいる。本当に勇気づけられる思いでありました。自分たちの経験を生かして、そしてしっかりと科学的な見地から知識を身につけて、将来の防災・減災に役に立てていきたい。そういう若い人たちがいるということを、本当に嬉しく思いました。是非それぞれの場所で、そうした経験、あるいは学んだ知識を生かしてもらいたいと思いました。
 また、女性の起業家の皆さんからお話も伺いました。3.11をある意味においては機会に、また、あの時の気持ちの中で、地域をよくしたい、辛い経験の中から地域をよくしていきたいという思いの中で、会社をこしらえて、様々な困難を乗り越えて今、立派に起業を成功させつつあるというお話も伺いましたし、またあるいは、ロボットスーツを作っている企業、またドローンも活用している、あるいは地域の食を生かして新しい商品を作り出している。そういうお話を伺いました。そして震災前よりもたくさんの人を今雇用している、あるいは商品の数が増えたり、販路を拡大しているというお話も伺いました。
 まだまだ、様々な困難もあるとは思いますが、被災前の東北とは違った新しい東北を創っていくことができるのではないかという、そういう思いに今日はなることが、そういう気持ちを持つことができたと思っています。
 そしてまた、国としても、東北の復興をこれからも力強く支援していきたいと思っていますし、廃炉そして汚染水対策についても、30年、40年廃止措置を終了することを目指して、中長期ロードマップにのっとって、着実に進めていきたい。その上で皆が希望を持てる東北を創っていきたいと思っています。ありがとうございました。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.