本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成28年6月16日在京イスラム諸国外交団とのイフタール

  • 挨拶する安倍総理1
  • 挨拶する安倍総理2
挨拶する安倍総理1 挨拶する安倍総理2

 平成28年6月16日、安倍総理は、総理大臣官邸で在京イスラム諸国外交団とのイフタールを開催しました。

 総理は、冒頭の挨拶で次のように述べました。

「アッサラーム・アライクム。本日、イスラム外交団の皆様、来賓の皆様と共にイフタールを開催できることを大変嬉しく思います。
 私が総理に就任してから、中東を訪問した回数は5回を数えます。これは、私がいかにこの地域を大切に思い、友好の念を抱いているかを示すものでもあります。
 日本とイスラム諸国は、アラビア語の格言にある『中庸が最善』の精神を共有しています。伝統を大切にし、中庸を尊び、調和を生み出す知恵は、双方の生き方の根本にあります。
 本日は、在京大使の皆様をお迎えするとともに、友好議連の活動を通じて議員交流に尽力されている方々を始め、イスラム諸国にゆかりの深い方々をお招きしています。
 今日は正に超党派の議員の皆様にお集まりをいただきました。事実上、参議院選挙の選挙戦に入っておりますから、大変厳しい戦いを、今それぞれが戦っているわけでありますが、今この瞬間は停戦状況になることができました。
 皆様のおかげで、今日の素晴らしい日本とイスラム諸国との関係があります。この場をお借りいたしまして、感謝申し上げるとともに、更なる関係の発展に向けて引き続きお力添えをいただければ幸甚でございます。
 今宵の一時が、友好・協力関係を一層深める素晴らしい良い機会となることを祈念いたしまして、私の挨拶とさせていただきます。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.