本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル

平成28年9月1日ムハンマド・ビン・サルマン・サウジアラビア王国副皇太子兼国防大臣との会談等

  • 写真:ムハンマド・サウジアラビア副皇太子と握手を交わす安倍総理
  • 写真:ムハンマド・サウジアラビア副皇太子を出迎える安倍総理
  • 写真:儀じょう隊による栄誉礼及び儀じょう
  • 写真:ムハンマド・サウジアラビア副皇太子と会談する安倍総理
  • 写真:署名文書交換式1
  • 写真:署名文書交換式2
  • 写真:署名文書交換式3
  • 写真:署名文書交換式4
  • 写真:総理主催晩餐会で挨拶する安倍総理
  • 写真:総理主催晩餐会
ムハンマド・サウジアラビア副皇太子と握手を交わす安倍総理の写真を表示 ムハンマド・サウジアラビア副皇太子を出迎える安倍総理の写真を表示 儀じょう隊による栄誉礼及び儀じょうの写真を表示 ムハンマド・サウジアラビア副皇太子と会談する安倍総理の写真を表示 署名文書交換式1の写真を表示 署名文書交換式2の写真を表示 署名文書交換式3の写真を表示 署名文書交換式4の写真を表示 総理主催晩餐会で挨拶する安倍総理の写真を表示 総理主催晩餐会の写真を表示

 平成28年9月1日、安倍総理は、総理大臣官邸でサウジアラビア王国のムハンマド・ビン・サルマン・ビン・アブドルアジーズ・アール・サウード副皇太子兼国防大臣と会談を行いました。

 まず、儀じょう隊による栄誉礼及び儀じょうに続き、総理とムハンマド副皇太子は会談を行い、その後署名文書交換式に立ち会いました。

 最後に、総理は総理大臣公邸で晩餐会を開催し、挨拶で次のように述べました。

「アハラン・ワサハラン(ようこそ)。
 新世代を代表するムハンマド・ビン・サルマン副皇太子殿下の訪日を心から歓迎いたします。今般の殿下の訪日を契機に、殿下と共に両国関係を飛躍的に発展させたいと思います。両国関係は、より幅広く層の厚いものとなる好機を迎えています。
 例えばスポーツであります。サウジアラビアでは、空手が大人気だと聞いております。殿下も空手の練達者と伺っております。空手は、東京オリンピック・パラリンピックでは正式の種目となる予定でもあります。昨秋には、武道代表団がサウジアラビアを訪問し、高村副総裁が率いて行かれたと承知をしておりますが、好評を博しました。是非、スポーツ協力を進めていきたいと考えます。
 殿下は、和食等日本文化への造詣も深いと聞いています。今日は、気鋭の女性和食料理人をお招きをしています。こうした分野での交流や協力も是非、殿下と共に進めていきたいと思います。
 今日は、今後の両国関係の幅を更に広げ、深めていく上でリーダーとなる方々を様々な分野から選りすぐりお招きをしています。お手元のリストを是非御覧いただきたいと思います。
 先ほどの加藤さんの和太鼓はいかがでしたでしょうか。勇壮な和太鼓と華やかな和食。日本文化を心ゆくまで味わっていただき、日本とサウジアラビアの未来を共に語り合いたいと思います。
 シュクラン・ジャジーラン(ありがとうございました)。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.