本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル

平成28年9月2日東方経済フォーラム出席等 -1日目-

  • 写真:握手する両首脳1
  • 写真:ウラジオストクに到着した安倍総理
  • 写真:握手する両首脳2
  • 写真:日露首脳会談1
  • 写真:日露首脳会談2
  • 写真:会見する安倍総理
握手する両首脳1の写真を表示 ウラジオストクに到着した安倍総理の写真を表示 握手する両首脳2の写真を表示 日露首脳会談1の写真を表示 日露首脳会談2の写真を表示 会見する安倍総理の写真を表示

 平成28年9月2日(現地時間)、安倍総理は、第2回東方経済フォーラム出席等のためロシア連邦のウラジオストクを訪問しました。

 総理は、極東連邦大学でロシア連邦のウラジーミル・ウラジーミロヴィチ・プーチン大統領と会談を行いました。

 総理は、会談後、次のように述べました。

「プーチン大統領とは、日露関係だけではなく、北朝鮮問題、あるいはシリア、ウクライナ問題といった国際社会が直面する諸課題について、ゆっくりと時間をかけて議論を行いました。特に、平和条約については、2人だけでかなり突っ込んだ議論を行うことができたと思います。
 新しいアプローチに基づく交渉を今後具体的に進めていく。その道筋が見えてきた、その手応えを強く感じ取ることができた会談だったと思います。
 70年以上にわたって平和条約が締結されていない、この異常な状況を打開するためには、首脳同士の信頼関係のもとに解決策を見出していくしか道はないと思います。そこで、11月に開催されるペルーのAPECにおいて、首脳会談を行う約束をいたしました。その上で、12月15日に山口県にお迎えをして首脳会談を行う合意をいたしました。私の地元である長門市において、ゆっくりと静かな雰囲気の中で、平和条約を加速させていく。そういう会談にしていきたいと思っています。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.