本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル

平成28年10月7日東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会推進本部

  • 写真:発言する安倍総理1
  • 写真:発言する安倍総理2
発言する安倍総理1の写真を表示 発言する安倍総理2の写真を表示

 平成28年10月7日、安倍総理は、総理大臣官邸で第5回東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会推進本部を開催しました。

 会議では、「2020年東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会に向けた政府の取組」、「『2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会におけるホストタウン関係府省庁連絡会議の開催について』の一部改正」及び「ラグビーワールドカップ2019の準備状況」について報告等が行われました。

 総理は、本日の議論を踏まえ、次のように述べました。

「先月、リオデジャネイロ大会が、日本選手団の大活躍により、幕を閉じました。檜舞台で、大きな期待を背負いながら、懸命に立ち向かう選手の姿に、スポーツには、人や社会を元気にする力があることを、改めて感じました。
 次は東京大会です。私もしっかりとブラジルからバトンを引き継いできました。政府は、昨年11月の『基本方針』に基づき必要な準備を進めてきましたが、東京大会を世界一とすべく、準備を加速させる必要があります。
 悲惨なテロ事件が世界各地で発生する中、選手や観客、国民の安全安心のため、政府を挙げて、テロ対策・サイバーセキュリティ対策に万全を尽くします。
 パラリンピックについては史上最高の盛り上げを実現し、ユニバーサルデザインや心のバリアフリーによる共生社会への弾みとします。
 さらに、大会を『復興五輪』や地域活性化の弾みとするとともに、多様な日本文化の魅力を国内外に発信するなど、大会の効果を全国津々浦々まで波及させていきます。
 ラグビーワールドカップ2019についても、しっかりと準備を進めていく必要があります。
 国民に祝福される大会とするためには、オープンなプロセスによる意思決定を行うとともに、コストをできるだけ抑制するなどにより、限られた予算と時間を、効率的かつ効果的に使うことが不可欠であります。
 各本部員におかれては、基本方針を踏まえ、開催都市である東京都や関係機関との連携をより一層密にして、準備を加速させていただきたいと思います。大会の成功に向けて、更なる御尽力をお願いします。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.