本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル

平成28年10月19日働き方改革に関する総理と現場との意見交換会

  • 写真:意見交換する安倍総理1
  • 写真:意見交換する安倍総理2
  • 写真:意見交換する安倍総理3
意見交換する安倍総理1の写真を表示 意見交換する安倍総理2の写真を表示 意見交換する安倍総理3の写真を表示

 平成28年10月19日、安倍総理は、総理大臣官邸で第2回「働き方改革に関する総理と現場との意見交換会」を開催しました。

 総理は、冒頭の挨拶の中で次のように述べました。

「今日はそれぞれ大変お忙しい中、官邸にお越しをいただきまして、誠にありがとうございました。
 安倍政権においては、いま働き方改革を進めているところでございますが、安倍政権にとって最重要課題の一つであります。なぜ最重要課題かと言えば、日本は人口が減少していくわけでありますが、その中でも日本は成長していかなければ、伸びていく社会保障費に対応できないわけであります。そのためには生産性をあげていかなければいけない、という側面があります。
 その中で働き方改革を進めていくことによって、多様な働き方を可能にし、それぞれのライフスタイルに合わせた働き方をしていくことによって、それは生産性の向上に結びついていくと同時に、それぞれの人々にとってより豊かな人生にも結び付いていくのではないかと、このように思います。
 先般、電通の高橋さんが、長時間労働によって過酷な状況の中で自ら命を絶つという大変悲しい出来事がありました。このようなことは、二度と起こしてはならないとの思いの中でも、やはり働き方改革を進めていかなければならないと、こう思っております。
 今日は、それぞれ大手企業に勤めた後、更に自分自身の自己実現を目指して、それぞれの道に進まれた皆さんに代表して集まっていただいたわけでございますが、今日はどのような働き方改革を進めていくことで、先ほど私が申しましたような方向に日本を進めていくことができるのかついて御意見を、それぞれの経験から交換していただきたいと、このように思っておりますので、よろしくお願いしたいと思います。今日は胸襟を開いた形で、それぞれのストレートな話を伺いたいと思います。是非よろしくお願いいたします。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.