本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル

平成28年11月11日日・インド首脳会談等

  • 写真:握手を交わす両首脳
  • 写真:モディ・インド首相を出迎える安倍総理
  • 写真:儀じょう隊による栄誉礼及び儀じょう1
  • 写真:儀じょう隊による栄誉礼及び儀じょう2
  • 写真:日・インド首脳会談
  • 写真:署名式に臨む両首脳1
  • 写真:署名式に臨む両首脳2
  • 写真:署名式に立ち会う両首脳1
  • 写真:署名式に立ち会う両首脳2
  • 写真:文書交換式に立ち会う両首脳1
  • 写真:文書交換式に立ち会う両首脳2
  • 写真:文書交換式に立ち会う両首脳3
  • 写真:共同記者発表1
  • 写真:共同記者発表2
  • 写真:総理主催晩餐会で挨拶する安倍総理
  • 写真:総理主催晩餐会
握手を交わす両首脳の写真を表示 モディ・インド首相を出迎える安倍総理の写真を表示 儀じょう隊による栄誉礼及び儀じょう1の写真を表示 儀じょう隊による栄誉礼及び儀じょう2の写真を表示 日・インド首脳会談の写真を表示 署名式に臨む両首脳1の写真を表示 署名式に臨む両首脳2の写真を表示 署名式に立ち会う両首脳1の写真を表示 署名式に立ち会う両首脳2の写真を表示 文書交換式に立ち会う両首脳1の写真を表示 文書交換式に立ち会う両首脳2の写真を表示 文書交換式に立ち会う両首脳3の写真を表示 共同記者発表1の写真を表示 共同記者発表2の写真を表示 総理主催晩餐会で挨拶する安倍総理の写真を表示 総理主催晩餐会の写真を表示

 平成28年11月11日、安倍総理は、総理大臣官邸でインドのナレンドラ・モディ首相と首脳会談等を行いました。

 儀じょう隊による栄誉礼及び儀じょうに続き、両首脳は会談を行い、その後、署名式・文書交換式及び共同記者発表を行いました。

 最後に、総理は、総理大臣公邸で晩餐会を開催し、挨拶の中で次のように述べました。

「親しい友人であるモディ首相を再び日本にお招きすることができ、大変嬉しく思います。心から歓迎を申し上げます。先ほどの会談では、充実した意見交換を行うことができました。今宵は是非くつろいでいただき、心行くまで和食を楽しんでいただきたいと思います。
 1年前にモディ首相と共にヴァラナシを訪れ、母なるガンジス川のほとりで、大変幻想的で美しい儀式を拝見しました。そのガンジス川の流れのごとく、日本とインドの友好関係は悠久の歴史の中で脈々と引き継がれています。我々日本人にとって、インドは古くから天竺として広く親しまれた特別な国であります。今日では、ヨガ、映画、インド料理等に代表されるインドの文化は、日本の幅広い層に深く受け入れられています。
 日本を舞台にした初のインド映画『Love in Tokyo』のリメイク版の制作が、来年公開に向けて進んでいると聞いています。日本の観光地を巡るラブコメディであり、これを観ることを楽しみにしています。私もモディ首相とこの映画に負けない日印関係の心躍るストーリーを作っていきたいと思いますが、インドの映画に定番のダンスについては、私はあまりうまいダンサーではございませんので、そこは妻に任せたいと思っています。
 明日はモディ首相と共に神戸を訪問し、日本の技術を駆使した新幹線の車両工場を見学します。日本の高度成長期をけん引した新幹線が、日印経済関係のフラッグシップとなり、今度はインドの経済発展の代名詞となることを期待しています。最も可能性を秘めた二国間関係を大いに開花させ、日印新時代にふさわしい強固な二国間関係を築いていきたいと思います。
 本日の晩餐会には、両国のかけがえのない友好関係を様々な分野で支えているリーダーの皆さん、日印の戦略的関係をスタートした森元総理を始めたくさんのリーダーの皆さんにお越しいただいております。本日御列席の皆様のおかげで、今日の素晴らしい日・インド関係があります。皆様にはこの場をお借りいたしまして、感謝申し上げるとともに、更なる関係の発展に向けて引き続きお力添えを頂くよう、お願いを申し上げます。
 また、日印関係が更に強固になり、両国友好の絆が一層深まることを祈念して、杯を上げたいと思います。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.