本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル

平成28年11月28日規制改革推進会議

  • 写真:発言する安倍総理1
  • 写真:発言する安倍総理2
発言する安倍総理1の写真を表示 発言する安倍総理2の写真を表示

 平成28年11月28日、安倍総理は、総理大臣官邸で第6回規制改革推進会議に出席しました。

 会議では、「農協改革に関する意見」及び「牛乳・乳製品の生産・流通等の改革に関する意見」について議論が行われました。

 総理は、本日の会議を踏まえ次のように述べました。

「11月7日の本会議において、私から、『真に農業者のため、そして消費者のためになる農協改革、生乳改革』に関する提言の早急な取りまとめをお願いし、そして本日、決定いただきました。
 農業の未来を切り拓くために、委員の皆様、また関係者の皆様が、思いを一つにして御議論いただいたことに感謝申し上げたいと思います。
 農協改革については、『集中推進期間』における自己改革を加速させます。
 とりわけ、農業の構造改革の試金石である生産資材・流通加工に関する全農改革を推進するため、組合員である農業者、ひいては国民にも分かる成果や数値目標を掲げ、年次計画を立てて、生まれ変わるつもりで、自己改革を進めていただきます。
 この他にも、全農を始め全国の農協組織が取り組むべき多くの課題があります。規制改革推進会議としても、両者について、改革の進捗をしっかりとフォローアップしていただきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。
 さらに生乳改革については、指定団体に全量を出荷する酪農家のみを補助する仕組みを50年ぶりに改革いたします。『農協による共同販売』と、特色ある製品を消費者に届ける『自由な販路』のそれぞれの良さを組み合わせ、酪農家の創意工夫を生かせる仕組みへと改めます。
 構造改革、生産性を高めるための改革は、農業以外の分野でも待ったなしです。規制改革推進会議には、今後とも全力で規制改革に取り組んでいただきたいと思います。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.