本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル

平成28年11月29日農林水産業・地域の活力創造本部

  • 写真:発言する安倍総理1
  • 写真:発言する安倍総理2
発言する安倍総理1の写真を表示 発言する安倍総理2の写真を表示

 平成28年11月29日、安倍総理は、総理大臣官邸で第20回農林水産業・地域の活力創造本部を開催しました。

 会議では、「更なる農業の競争力強化のための改革の検討結果」及び「農林水産業・地域の活力創造プラン改訂(案)」について議論が行われました。

 総理は、本日の議論を踏まえ、次のように述べました。

「本日、『農業競争力強化プログラム』を決定いたしました。
 生産資材価格を国際水準まで引き下げ、農産物の流通・加工構造を、時代の変化を踏まえ、効率的なものにしてまいります。関係業界の再編が重要であり、国も再編に向けた取組を後押ししてまいります。
 特に、全農が生産資材の買い方や農産物の売り方を改革すれば、関係業界の再編も大きく動き出します。全農は新たな組織に生まれ変わるつもりで、数値目標を含め、しっかりとした年次計画を立て、抜本的な改革を断行していただきたいと思います。
 生乳については、指定団体に出荷する酪農家のみに財政支援を行う仕組みを改め、酪農家が出荷先を自由に選択できる仕組みに抜本的に見直すこととしました。これは、50年ぶりの改革であります。
 本プログラムを速やかに実行に移し、農業者の自由な経営展開や、農業者の努力では解決できない、構造的な問題の解決を進めてまいります。
 次期通常国会に、これらの改革のための法案を提出いたします。そして、フォローアップをしっかりと行い、改革を確実に実現していく考えであります。
 安倍内閣は、引き続き農政改革を断行し、農業の未来に挑戦する皆さんを、全力で応援してまいります。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.