本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル

平成28年12月15日日露首脳会談等-1日目-

  • 写真:握手を交わす両首脳1
  • 写真:プーチン・ロシア大統領を出迎える安倍総理夫妻1
  • 写真:プーチン・ロシア大統領を出迎える安倍総理夫妻2
  • 写真:握手を交わす両首脳2
  • 写真:日露首脳会談1
  • 写真:日露首脳会談2
  • 写真:会見を行う安倍総理
握手を交わす両首脳1の写真を表示 プーチン・ロシア大統領を出迎える安倍総理夫妻1の写真を表示 プーチン・ロシア大統領を出迎える安倍総理夫妻2の写真を表示 握手を交わす両首脳2の写真を表示 日露首脳会談1の写真を表示 日露首脳会談2の写真を表示 会見を行う安倍総理の写真を表示

 平成28年12月15日、安倍総理は、山口県長門市でロシア連邦のウラジーミル・ウラジーミロヴィチ・プーチン大統領と首脳会談等を行いました。

 両首脳は会談を行い、その後、安倍総理は会見を行いました。続いて、両首脳は会談(ワーキングディナー)を行いました。

 総理は、会見で次のように述べました。

「プーチン大統領と約3時間にわたって首脳会談を行いました。
 私の地元での開催、そしてまた、地元の皆様が温かく迎えていただいた結果、大変いい雰囲気の中で首脳会談を行うことができたと思います。
 この後、主に経済関係について更に会談を行う予定でございますが、少人数の会談におきましては、二国間の問題、あるいは国際的な課題について、そして、その国際的な課題についてロシアが建設的な役割を果たしていくことの重要性、あるいはまた、日本とロシアが共に取り組んでいくことによって様々な問題を解決していくことができるということについて会談を行いました。
 また、2人だけの会談については、約95分会談を行いました。平和条約の問題を中心に議論をしたところでございます。
 本日は、これまでの、ソチ、ウラジオストク、そしてリマでの議論を踏まえまして、元島民の皆さんの故郷への自由訪問、そして、四島における日露両国の特別な制度の下での共同経済活動、そして、平和条約の問題について、率直かつ非常に突っ込んだ議論を行うことができたと思っています。2人だけの会談においては、先般、お目にかかった元島民の皆様からお預かりをした手紙をお渡しいたしました。その場で1枚の手紙を、ロシア語で書かれていた手紙については、その場でプーチン大統領は読んでおられました。もう平均年齢が81歳になります。正に時間がないという気持ちの元島民の皆様のお気持ちをしっかりと胸に刻んで会談を行いました。
 議論は今日また続くわけでございますし、明日また東京に場所を移しまして、引き続き、議論を行ってまいります。そして、2人の会談の結果につきましては、2人で明日会見の場において、御報告をしたいと、こう思っています。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.