原子力災害対策本部会議

平成28年12月20日
発言する安倍総理1 発言する安倍総理1
発言する安倍総理1
発言する安倍総理2 発言する安倍総理2
発言する安倍総理2

 平成28年12月20日、安倍総理は、総理大臣官邸で第44回原子力災害対策本部会議を開催しました。

 会議では、「原子力災害からの福島復興の加速のための基本指針(案)」について審議が行われました。

 総理は、本日の審議を踏まえ、次のように述べました。

「本日、福島復興の加速のための基本指針を決定しました。これは、地元の御要望や与党提言を踏まえ、政策を具体化したものです。
 今回の決定に従い、帰還困難区域における復興拠点の整備や官民合同チームの体制強化などに向け、必要な措置を盛り込むため、次期通常国会で福島特措法を改正する準備を進めます。
 東京電力に対して非連続な経営改革を求め、その実施を前提として、費用の一部について広く需要家全体から回収する制度や、廃炉のための資金を管理する積立金制度を創設します。
 関係閣僚は密接に連携し、一日も早い福島の復興・再生に向け、道筋を具体化していただきたいと思います。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

関連リンク

総理の一日