内閣及び内閣府永年勤続者表彰式

平成28年12月22日
挨拶する安倍総理1 挨拶する安倍総理1
挨拶する安倍総理1
挨拶する安倍総理2 挨拶する安倍総理2
挨拶する安倍総理2
表彰状を授与する安倍総理1 表彰状を授与する安倍総理1
表彰状を授与する安倍総理1
表彰状を授与する安倍総理2 表彰状を授与する安倍総理2
表彰状を授与する安倍総理2

 平成28年12月22日、安倍総理は、総理大臣官邸で内閣及び内閣府永年勤続者表彰式に出席しました。

 総理は、冒頭の挨拶で、次のように述べました。

「皆様、勤続20年・30年、誠におめでとうございます。
 30年前といえば、中曽根内閣でございました。当時、与党・自民党は、衆参同日選挙で圧勝した年でもあったわけでございます。そして、20年前は橋本政権でありまして、私も既に国会議員でありましたが、ちょうど住専の処理のための法律が成立をした年でもあった、そのことを思い出すわけでございますが、長嶋監督のメークドラマという言葉が有名ではなかったのかなと、流行語となったのではないかなと記憶をしております。
 それぞれ、30年間・20年間奉職をしていただいたおかげで、日本もしっかりと営々と平和と安定を守り、そして、繁栄を続けているところでございます。
 私も現在、働き方改革を含め、一億総活躍社会実現のために全力を尽くしている次第でございます。皆様の30年・20年は、働き方改革がスタートする以前でございますから、本当に毎日毎日遅くまで頑張っていただいたのではないのか、このように思います。
 国会との関係もございますから、世の中のペースよりも少し遅れるかもしれませんが、我々も隗より始めよということもございますから、少しでも働き方改革も進めていきたいと、こう思います。皆様の後に続く皆さんが、この場で仕事をすることに生きがいを感じられるように、そして、仕事しやすいような空気をつくっていきたいと、このように思う次第でございます。
 私も第二次政権から、もう既に4年間皆様にお世話になっているわけでございますが、皆様方の御貢献によって、私も政策を前に進めることができるわけでございます。政治家と、そして役所の皆さんと、一体感をもって、一体感をもつ中において、日本を少しでも良くしたい、国民の生活が少しでも良くなるように、平和で安定した日本を維持していく、そういう思いを一つにしながら、これからも頑張っていきたいと、このように思う次第でございます。
 本日は本当におめでとうございました。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

総理の一日