本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル

平成29年1月5日経済三団体共催 2017年新年祝賀パーティー

  • 写真:挨拶する安倍総理1
  • 写真:挨拶する安倍総理2
挨拶する安倍総理1の写真を表示 挨拶する安倍総理2の写真を表示

 平成29年1月5日、安倍総理は、都内で行われた経済三団体共催の2017年新年祝賀パーティに出席しました。

 総理は、冒頭の挨拶で次のように述べました。

「皆様、あけましておめでとうございます。本年も、経済三団体の新年会が盛大に開催されましたことを、心からお慶び申し上げます。
 私は今年のお正月、年末からホテルに泊まっておりましたが、1日、2日、3日と、3日間とも富士山がきれいに見えました。また、昨日は伊勢神宮を参拝いたしましたが、新幹線からも神々しい富士山が見えて、今年は幸先が良いなとこう思っています。
 2日には、ゴルフの初打ちを行いまして、榊原会長と渡さんと、そして御手洗さんと共にプレーを行いまして、私としては本当に良いスコアが出まして、初めて榊原さんに勝つことができました。私が良くて、榊原さんがちょっと調子が良くなかったのですね。シャフトは東レ製ですから良かったのですが。経団連の会長に勝って、次は三村さんに勝って、その次は小林さんに勝って、グランドスラムを達成したいと、こんな初夢を抱いているところでございます。
 今年は、酉年でありまして、この酉年は大きな変化が起こる年でもあります。実は私は24年前の酉年に初当選を果たしたわけでありますが、この年は残念ながら我が党が野党に転落した年でもあります。そして12年前の酉年は、小泉さんが郵政解散を行った年なのですね。そしてその更に前の48年前は佐藤内閣が沖縄返還で解散総選挙を行った年。こう言ってくると今年も選挙があるような。しかし、36年前はやっていませんから、必ずしもそうとは限らないと申し上げておきたいと思います。
 今年は、酉の中でも丁酉(ひのととり)でございまして、60年ごとの丁酉は、大きな改革のエネルギーが爆発をする年といってもいいのだろうと思います。
 応仁の乱が終わり、そして戦国時代に突入した年でもありますし、二度目の朝鮮出兵、秀吉の時代が終わった年でもありました。
 そして、直前の丁酉は、1957年、岸内閣が誕生した年でもありました。戦後日本にとって大きな節目の年でもありましたが、ちょうど、長嶋茂雄さんが巨人に入団をした年でもありましたし、南極に昭和基地が開設され、そして、日本初の国産観測用ロケットの打ち上げに成功した年でもあったと思います。
 経済界の皆様には、是非、時代を画するようなイノベーションを起こしていただきたいと思っています。皆さんと一緒に新しい時代を切り拓いていきたいと思っています。
 今年は、世界でも様々な国々のリーダーが交代をすることになります。
 不確実性が高まっていく中において、国際社会の安定勢力であり続けていくことが、日本に期待されていると思いますので、その期待に応えていきたいと考えております。
 しかし、力強い経済がなければ、政治は安定しません。力強い経済があってこそ、政治も安定する、このように思います。
 皆様には、過去3年、今世紀に入って最高水準の賃上げを続けていただきました。改めて御礼を申し上げたいと思いますが、今年も是非、少なくとも昨年並みの水準の賃上げ、我が国として4年連続のベアの実施をお願いしたい。多くの方にうなずいていただけたような気がするわけでありますが、物価の上昇に後れを取らないような賃上げがあってこそ、しっかりとデフレから脱却して、持続的に経済を力強く成長させていくという道に進んでいくことができると思っています。
 あわせて、皆様の直接の取引先を越えて、下請等の取引条件が改善していくよう、指導力を発揮していただきたいとお願いを申し上げる次第でございます。皆様の御協力を得て、デフレからの脱却をしっかりと果たしていく決意であります。
 給料が上がっていけば、家族をもつことができます。将来への希望をもつことができますし、また働く意欲も高まるわけであります。そのことに、正規も非正規も変わりはないわけであります。
 今年は、『働き方改革』断行の年であります。正規労働者と非正規労働者の不合理な待遇差は認めない。昨年末、ガイドライン案をお示ししましたが、これに裁判での強制力をもたせるよう、法改正案を国会に提出する予定でございます。
 仕事と子育てや介護を無理なく両立できるようにする。時間外労働の上限規制を実施するため、労働基準法の改正案を国会に提出いたします。
 『自分の若い頃は、安月給で無定量・無際限に働いたものだ。』ここにいらっしゃる皆様はそうだったんだろうと思いますが、時代は大きく変わりましたから、昔は昔であります。結構そう思っている方々がたくさんおられるかもしれませんが、どうか先頭に立って働き方の根っ子にあるこの文化を変えていただきたいと強く期待をしているところでございます。
 そして、去年より今年、今年より来年、来年よりも再来年が、きっと良くなっていく。みんながこう思えるような日本を創っていきたいと思います。あの昭和30年代、日々日本が良くなるのを感じていました。生活の水準は今よりはるかに低いのですが、日々良くなっていく。これはいつも気持ちをワクワクさせます。今年も是非、皆様と共に『ワクワクするような日本』を創っていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いを申し上げます。
 本日は本当におめでとうございました。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.