本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成29年1月12日フィリピン訪問 -1日目-

  • ドゥテルテ・フィリピン大統領の出迎えを受ける安倍総理
  • 東京国際空港(羽田空港)で会見を行う安倍総理
  • フィリピン共和国に到着した安倍総理1
  • フィリピン共和国に到着した安倍総理2
  • 歓迎式典に出席する安倍総理1
  • 歓迎式典に出席する安倍総理2
  • 日・フィリピン首脳会談
  • 署名式に立ち会う両首脳1
  • 署名式に立ち会う両首脳2
  • 署名式に立ち会う両首脳3
  • 署名式に立ち会う両首脳4
  • 署名式に立ち会う両首脳5
  • 共同記者発表1
  • 共同記者発表2
  • 企業との拡大会合に出席する両首脳
  • 歓迎晩餐会に出席する両首脳1
  • 歓迎晩餐会に出席する両首脳2
ドゥテルテ・フィリピン大統領の出迎えを受ける安倍総理 東京国際空港(羽田空港)で会見を行う安倍総理 フィリピン共和国に到着した安倍総理1 フィリピン共和国に到着した安倍総理2 歓迎式典に出席する安倍総理1 歓迎式典に出席する安倍総理2 日・フィリピン首脳会談 署名式に立ち会う両首脳1 署名式に立ち会う両首脳2 署名式に立ち会う両首脳3 署名式に立ち会う両首脳4 署名式に立ち会う両首脳5 共同記者発表1 共同記者発表2 企業との拡大会合に出席する両首脳 歓迎晩餐会に出席する両首脳1 歓迎晩餐会に出席する両首脳2

 平成29年1月12日(現地時間)、安倍総理は、東京国際空港(羽田空港)で会見を行った後、フィリピン共和国のマニラを訪問しました。

 総理は、会見で次のように述べました。

「今年の地球儀を俯瞰する戦略的な外交は、フィリピン、ベトナム、インドネシア、オーストラリアからスタートします。
 各国の首脳とは既に何回か会談を重ねています。今回は、また、更に胸襟を開いて率直な議論を行いたいと思います。
 二国間の課題について、あるいはまた、地域情勢の認識についての意見交換、そして同時に、各国の首脳とお互いに力を合わせることで何ができるか、あるいは地域の平和や安定にどのように貢献していくべきかということを率直に話をしてきたいと思います。」

 フィリピン共和国のマニラに到着後、総理は、歓迎式典に出席しました。次いで、ロドリゴ・ドゥテルテ大統領と会談を行った後、署名式及び共同記者発表を行いました。続いて、企業との拡大会合及び写真撮影に出席した後、フィリピン主催歓迎晩餐会に出席しました。

 総理は、フィリピン主催歓迎晩餐会で次のように述べました。

「今回、盛大に歓迎いただき、また、このような素晴らしい晩餐会も開催していただき、心のこもったおもてなしに感謝申し上げます。
 ドゥテルテ大統領とは、就任されて以来今回が3度目となる会談であり、会う度に親交を深めることができ大変うれしく思います。日本とフィリピンの関係は、深くて温かい家族や兄弟のような関係であります。ドゥテルテ大統領は、ダバオ市長時代、私費を投じて日比友好の碑を建立されました。この『無憂』の碑には、『人類は皆家族』とのドゥテルテ大統領のメッセージが刻まれています。この場を借りて日本人を家族として迎えてくれたドゥテルテ大統領に心より感謝したいと思います。
 ドゥテルテ大統領が昨年10月に訪日された際、ドゥテルテ大統領と私の少人数会談は予定を大幅に超えるものとなりました。アルコールなしで行われたその会談がそれだけ盛り上がったのは、ひとえに私がおもてなしした日本食を大統領が大変お気に召したためであります。
 今回の私の訪問には、日本を代表する企業のトップが24人同行しています。皆フィリピンが大好きで、同行の代表団の今回の訪問を通じて、経済のみならず文化や人的交流の面でも両国の関係が拡大していくことを期待しています。
 明日、同行するほとんどは、ドゥテルテ大統領の地元であるダバオを訪問します。皆、楽しみにしています。
 それでは、ドゥテルテ大統領と御出席の皆様の御健康と御多幸、そして日本国民とフィリピン国民をつなぐ友好と協力の絆が一層深まることを祈念して、乾杯したいと思います。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.