本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル

平成29年1月15日インドネシア訪問

  • 写真:歓迎式典に出席する安倍総理1
  • 写真:インドネシア共和国に到着した安倍総理1
  • 写真:インドネシア共和国に到着した安倍総理2
  • 写真:日本語パートナーズとの懇談
  • 写真:元日本留学生による表敬を受ける安倍総理1
  • 写真:元日本留学生による表敬を受ける安倍総理2
  • 写真:ビジネス会合
  • 写真:歓迎式典に出席する安倍総理2
  • 写真:歓迎式典に出席する安倍総理3
  • 写真:歓迎式典に出席する安倍総理4
  • 写真:日・インドネシア首脳会談1
  • 写真:日・インドネシア首脳会談2
  • 写真:握手する両首脳
  • 写真:日・インドネシア首脳会談3
  • 写真:日・インドネシア首脳会談4
  • 写真:共同記者発表1
  • 写真:共同記者発表2
  • 写真:共同記者発表3
  • 写真:共同記者発表4
  • 写真:ジョコ大統領夫妻主催の歓迎晩餐会
歓迎式典に出席する安倍総理1の写真を表示 インドネシア共和国に到着した安倍総理1の写真を表示 インドネシア共和国に到着した安倍総理2の写真を表示 日本語パートナーズとの懇談の写真を表示 元日本留学生による表敬を受ける安倍総理1の写真を表示 元日本留学生による表敬を受ける安倍総理2の写真を表示 ビジネス会合の写真を表示 歓迎式典に出席する安倍総理2の写真を表示 歓迎式典に出席する安倍総理3の写真を表示 歓迎式典に出席する安倍総理4の写真を表示 日・インドネシア首脳会談1の写真を表示 日・インドネシア首脳会談2の写真を表示 握手する両首脳の写真を表示 日・インドネシア首脳会談3の写真を表示 日・インドネシア首脳会談4の写真を表示 共同記者発表1の写真を表示 共同記者発表2の写真を表示 共同記者発表3の写真を表示 共同記者発表4の写真を表示 ジョコ大統領夫妻主催の歓迎晩餐会の写真を表示

 平成29年1月15日(現地時間)、安倍総理は、インドネシア共和国のジャカルタを訪問しました。

 総理は、日本語パートナーズとの懇談を行った後、元日本留学生による表敬を受けました。次いで、ビジネス会合に出席し、その後、歓迎式典に出席しました。続いて、インドネシア共和国のジョコ・ウィドド大統領と会談を行い、その後、共同記者発表を行いました。最後に、ジョコ大統領夫妻主催の歓迎晩餐会に出席しました。

 総理は、日本語パートナーズとの懇談で次のように述べました。

「ここインドネシアでは、世界で2番目に多い日本語学習者が日々学んでいます。日本語パートナーズの皆さんは、それぞれの高校で、先生、学生の文字どおりパートナーとして日本語の授業をサポートされてきました。慣れない海外生活の中で、日々奮闘されている皆さんに心からエールを送りたいと思います。
 また、パートナーズの皆さんは、日本語だけではなく、折り紙、書道、和食等、日本文化も紹介しておられると伺っています。たまたまこの前、お正月に久々に鶴を折ったんですが、50年ぶりくらいに折ったらうまくいきませんで、これは妻に言われて、真珠湾に贈るというプロジェクトで鶴を折って、名前を書いて贈ったんですが、たまたま向こう側がこの鶴をインターネットにアップしましたら、日本の総理大臣としては下手だというコメントが寄せられました。私は大変ショックを受けたわけでありますが、そうした様々な日本の文化を今広めていただいている、やはり日本の文化を知るということは、日本人の考え方を知るということにもつながってきていると思いますので、大変大切なことだと思っております。
 さらに、皆さんは派遣された地域の方との触れ合いを通じ、日本紹介の発信のみならず、インドネシアについての理解も深められ、相互の交流に努められていると聞いています。こちらにいらっしゃる日本語の先生におかれては、日々の指導において、パートナーズの皆さんから様々なことを吸収し、日本語の授業を更にグレードアップしていただきたいと思います。生徒の皆さんにおかれては、パートナーズと日々交流する中で日本語能力を更に高め、パートナーズを通じて日本語を更に好きになっていただきたいと思います。先ほどのお話では、日本語の授業、そして文化の授業が大変楽しいと伺ってうれしくなりました。まず楽しいという感じを持っていただけること、楽しいと感じていただいていることが大変重要だと思います。そしていつか日本を訪れ、直接日本の文化、伝統に触れてほしいと思います。
 日本語パートナーズを通じて、日本とインドネシアとの相互の理解が更に深まり、両国の交流が更に強くなっていく、深まっていくことを期待いたしまして、私の御挨拶とさせていただきたいと思います。」

 また、総理は、元日本留学生による表敬を受け、次のように述べました。

「長年、日本とインドネシアの友好関係に尽力いただいているギナンジャール・インドネシア日本友好協会顧問を始め、元日本留学生の皆様とこうしてお会いできることを大変うれしく思います。
 日本とインドネシアは、長年にわたり、政治、経済、文化、スポーツ等の様々な分野で活発な交流が行われています。強い絆で結ばれた両国の友好関係は、元日本留学生の貢献によるところが大きいと、感謝申し上げます。
 元日本留学生の皆さんが中心となって設立したダルマプルサダ大学も、昨年、創立30周年を迎えたと承知しております。心よりお祝い申し上げます。
 今日、御来会いただいた皆様は、日本の様々な大学で勉強された皆様であります。そして今、様々な分野で御貢献をしておられます。日本とインドネシア、そして皆さんが卒業された大学とインドネシア、また皆さんが勉強された地方とインドネシアの架け橋として、これから大いに御貢献いただくことを期待したいと思います。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.