本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成29年2月16日未来投資会議

  • 発言する安倍総理1
  • 発言する安倍総理2
  • 発言する安倍総理3
発言する安倍総理1 発言する安倍総理2 発言する安倍総理3

 平成29年2月16日、安倍総理は、総理大臣官邸で第5回未来投資会議を開催しました。

 会議では、「第4次産業革命の推進に向けた検討課題」及び「自動走行による移動革命」について議論が行われました。

 総理は、本日の議論を踏まえ、次のように述べました。

「本日は、民間議員の皆様から、第4次産業革命の推進に向けた御提案をいただきました。
 多様なビッグデータを、共通の仕組みの下で分野横断的に活用できるようにするため、IT戦略本部に民間の専門家を主体とする司令塔を年度内に立ち上げます。
 幅広い分野で大幅に不足すると見込まれるIT人材を早急に育成・確保するため、個人に対する支援を通じて、社会人の学び直しを強化します。
 2020年までに、運転手が乗車しない自動走行によって地域の人手不足や移動弱者を解消します。1年余り前の官民対話で決めたこの目標を実現する実行計画を取りまとめました。
 来年度から公道での実証を2種類実施します。まず新東名で、運転手が乗車する先頭トラックを、無人の後続トラックが自動的に追走できるようにします。また、全国から公募などで選ばれた10か所で、無人のバス・タクシーなどを遠隔制御で運行させます。
 これらを可能とする制度やインフラを国家戦略特区も活用して整備し、事業化につなげます。
 様々な実証走行の成果を集約し、新たな技術を踏まえた制度改革の可能性を集中的に検討するため、IT戦略本部の下で官民が対話・協力する連携体制を作ります。
 関係大臣は連携し、以上を直ちに具体化していただきたいと思います。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.