本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル

平成29年2月20日第3回日本ベンチャー大賞表彰式

  • 写真:挨拶する安倍総理
  • 写真:表彰状を渡す安倍総理1
  • 写真:表彰状を渡す安倍総理2
  • 写真:受賞者及び審査員と記念撮影する安倍総理
挨拶する安倍総理の写真を表示 表彰状を渡す安倍総理1の写真を表示 表彰状を渡す安倍総理2の写真を表示 受賞者及び審査員と記念撮影する安倍総理の写真を表示

 平成29年2月20日、安倍総理は、総理大臣官邸で第3回日本ベンチャー大賞表彰式に出席しました。

 総理は、挨拶で次のように述べました。

「この度は、第3回『日本ベンチャー大賞』の表彰式が盛大に執り行われますことを、大変うれしく思います。
 『日本ベンチャー大賞』は、果敢に挑戦し、見事な成果を遂げた起業家を表彰するものであります。今回、大賞に選ばれたサイバーダイン社は、人とロボット、ITを融合させて、医療や暮らしを大きく変えていきます。
 創業者の山海社長がロボットスーツの基礎研究を開始した当初は、使ってくれる人も専門家もいない状況でした。その中で利益の追求ではなく、自分の研究を人や社会の役に立てたいという理念で起業したと伺っています。
 サイバーダイン社が開発した『HAL』は、病気やけがで歩けなくなった方が自分の足で歩くことを助ける、世界初の夢のロボットスーツであります。日本では当初、医療機器ではなく介護用品としてしか認められませんでした。しかし、そこでひるむことなく、まず欧州で認証を受け、ドイツで保険の適用も受けました。海外で先に可能となったことは若干悔しい思いがするわけですが、その後、日本で念願の医療機器としての認証と保険適用の承認を受け医療保険制度がロボットを扱う端緒をつくりました。
 革新的な技術をきっかけとして社会を変えていく。こうした役割をベンチャー企業に期待しています。
 サイバーダイン社を始め、今回受賞された皆様に新しい力となっていただき、多くの起業家に後に続いていただきたいと思います。新たな産業が次々に生み出され、より豊かな国民生活が実現することを祈念いたしまして、私のお祝いの言葉とさせていただきたいと思います。皆さん、おめでとうございました。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.