本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル

平成29年3月13日日・サウジアラビア首脳会談等

  • 写真:握手を交わす両首脳
  • 写真:サルマン・サウジアラビア国王陛下を出迎える安倍総理
  • 写真:儀じょう隊による栄誉礼及び儀じょう1
  • 写真:儀じょう隊による栄誉礼及び儀じょう2
  • 写真:日・サウジアラビア首脳会談
  • 写真:協力覚書署名式に立ち会う両首脳1
  • 写真:協力覚書署名式に立ち会う両首脳2
  • 写真:協力覚書署名式に立ち会う両首脳3
  • 写真:協力覚書署名式に立ち会う両首脳4
  • 写真:総理主催晩餐会で挨拶する安倍総理1
  • 写真:総理主催晩餐会で挨拶する安倍総理2
握手を交わす両首脳の写真を表示 サルマン・サウジアラビア国王陛下を出迎える安倍総理の写真を表示 儀じょう隊による栄誉礼及び儀じょう1の写真を表示 儀じょう隊による栄誉礼及び儀じょう2の写真を表示 日・サウジアラビア首脳会談の写真を表示 協力覚書署名式に立ち会う両首脳1の写真を表示 協力覚書署名式に立ち会う両首脳2の写真を表示 協力覚書署名式に立ち会う両首脳3の写真を表示 協力覚書署名式に立ち会う両首脳4の写真を表示 総理主催晩餐会で挨拶する安倍総理1の写真を表示 総理主催晩餐会で挨拶する安倍総理2の写真を表示

 平成29年3月13日、安倍総理は、総理大臣官邸でサウジアラビア王国のサルマン・ビン・アブドルアジーズ・アール・サウード国王陛下と首脳会談等を行いました。

 儀じょう隊による栄誉礼及び儀じょうに続き、両首脳は会談を行い、その後、協力覚書署名式に立ち会いました。

 最後に、総理は、総理大臣公邸で晩餐会を開催し、挨拶の中で次のように述べました。

「偉大なる二聖モスクの守護者サルマン・ビン・アブドルアジーズ・アール・サウード国王陛下、1971年のファイサル国王陛下以来、実に46年ぶりとなるサウジアラビア国王の訪日を日本国政府、日本国民を代表して心から歓迎いたします。
 私はサウジアラビアと浅からぬ縁を感じています。祖父・岸信介は、両国の絆を深めるのに力を注ぎました。1970年に自ら訪問した際には、ファイサル国王に訪日を直談判し、国王は日本を訪れた際、御殿場の私邸で祖父と食事を共にされました。今回、私が2度目となるサウジアラビア国王訪日をお迎えすることとなったのも偶然とは思えません。
 本日は、私たちにとり、正に歴史の1ページとして深く刻まれる一日となりました。これからの長きにわたる日・サウジアラビア協力関係の未来図が描かれた日となります。
 本日、政治・経済・文化など、幅広い分野で日本とサウジアラビアの関係発展のために貢献していただいている方々とともに、陛下をおもてなしできることは私の喜びであります。皆様で両国の友情を喜び、輝かしい前途について語り合う夜としたいと思います。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.