本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成29年4月4日アラブ・ジャパン・デー・レセプション

  • 挨拶する安倍総理
  • 記念撮影
挨拶する安倍総理 記念撮影

 平成29年4月4日、安倍総理は、都内で開催されたアラブ・ジャパン・デー・レセプションに出席しました。

 安倍総理は、挨拶の中で、次のように述べました。

「アッサラーム・アライクム。
 本年もアラブ・ジャパン・デー・レセプションにお招きいただきまして、大変光栄に存じます。この部屋に入ってくると、おいしそうな匂いがしてまいりました。アラブ料理。まるでドバイやカイロや、あるいはドーハに行ったような雰囲気になりました。
 私とアラブ各国首脳との間の頻繁な会談を通じ、近年、日・アラブ関係が大きく発展していることを大変うれしく思います。
 昨年5月にはジャービル・クウェート首相を、そして10月にはアブドッラー・ヨルダン国王陛下を、そして先月はサルマン・サウジアラビア国王陛下を日本にお迎えいたしました。
TICADⅥの際にはゲレ・ジブチ大統領、国連総会の際にはタミーム・カタール首長、G20の際にはエルシーシ・エジプト大統領にもお会いし、それぞれ大変有意義な意見交換を行うことができました。
 日本はアラブと、中庸が最善の精神を始め多くのことを共有をしています。伝統を大切にし、そして中庸を尊ぶ考え方は双方の生き方の根本にあります。地理的な距離を超え近くて深い関係にあり、多くの可能性にあふれています。
 今後も日本とアラブの関係がますます深まっていくことを期待をしております。私は、今回このアラブ・ジャパン・デー・レセプションで、恐らく5回目の出席となるのではないかと、日本の総理大臣としてはもちろん新記録でありますが、是非6回目も実現したいと、こう思っています。
 このレセプションの場で、多くの皆様が交流し更にアラブと日本の距離が近づいていくことを期待しまして、私の挨拶とさせていただきたいと思います。ありがとうございます。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.