自由民主党「サイバーセキュリティ対策推進議員連盟」による提言申入れ

平成29年5月23日
申入れを受ける安倍総理1 申入れを受ける安倍総理1
申入れを受ける安倍総理1
申入れを受ける安倍総理2 申入れを受ける安倍総理2
申入れを受ける安倍総理2

 平成29年5月23日、安倍総理は、総理大臣官邸で自由民主党「サイバーセキュリティ対策推進議員連盟」による提言申入れを受けました。

 総理は、提言を受け取った後、次のように述べました。

「我が国の安全にとって重要な課題であるサイバーセキュリティに熱心に取り組んでいただいていること、また、今回こうして提言をまとめていただいたことに御礼を申し上げたいと思います。
 この際、一言申し上げたいのですが、数時間前に英国マンチェスターのコンサート会場で爆発がありました。多くの死傷者の方々がおられるということでありまして、お亡くなりになられた方々についてお悔やみ申し上げたいと思いますし、負傷された方々にお見舞いを申し上げたいと思います。
 テロは断じて許されないわけでありまして、どんな理由があれ、テロを根絶しなければならないと思います。無辜(むこ)の民を傷つけるテロを根絶していくためにもしっかりと連携していきたいと思います。
 また、今月には大規模なサイバーテロがありました。世界においてそうしたサイバーテロが行われたわけでございまして、東京オリンピック・パラリンピックを控える日本にとっても、サイバーセキュリティの対策は喫緊の課題でございますので、政府、自民党、与党と連携をして、しっかりと対応を進めていかなければならないと思いますので、よろしくお願いします。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

総理の一日