本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成29年6月6日日・ベトナム首脳会談等

  • 握手を交わす両首脳
  • 儀じょう隊による栄誉礼及び儀じょう1
  • 儀じょう隊による栄誉礼及び儀じょう2
  • 儀じょう隊による栄誉礼及び儀じょう3
  • 日・ベトナム首脳会談
  • 文書交換式に立ち会う両首脳1
  • 文書交換式に立ち会う両首脳2
  • 文書交換式に立ち会う両首脳3
  • 文書交換式に立ち会う両首脳4
  • 文書交換式に立ち会う両首脳5
  • 文書交換式に立ち会う両首脳6
  • 共同記者発表1
  • 共同記者発表2
  • 総理主催晩餐会で挨拶する安倍総理
  • 総理主催晩餐会
握手を交わす両首脳 儀じょう隊による栄誉礼及び儀じょう1 儀じょう隊による栄誉礼及び儀じょう2 儀じょう隊による栄誉礼及び儀じょう3 日・ベトナム首脳会談 文書交換式に立ち会う両首脳1 文書交換式に立ち会う両首脳2 文書交換式に立ち会う両首脳3 文書交換式に立ち会う両首脳4 文書交換式に立ち会う両首脳5 文書交換式に立ち会う両首脳6 共同記者発表1 共同記者発表2 総理主催晩餐会で挨拶する安倍総理 総理主催晩餐会

 平成29年6月6日、安倍総理は、迎賓館赤坂離宮でベトナム社会主義共和国のグエン・スアン・フック首相と首脳会談等を行いました。

 儀じょう隊による栄誉礼及び儀じょうに続き、両首脳は会談を行い、その後、文書交換式及び共同記者発表を行いました。

 最後に、総理は晩餐会を開催し、挨拶の中で次のように述べました。

「まず、皆様を大変お待たせいたしましたことをおわび申し上げたいと思います。首脳会談で話が大変弾んだことによって、遅くなってしまいました。フック首相との関係がそれほど親密になっているということでお許しをいただきたいと思います。
 フック首相御夫妻の訪日を心から歓迎します。本年1月、私と妻がベトナムを再訪した際の盛大な歓待は今も心に焼き付いております。
 11月には、フック首相の故郷に近いダナンでAPEC首脳会議が開催されます。ダナンは私にとって初めての地でありますが、海の幸が有名だと聞いております。ベトナムの巧みな議長采配で会議が大成功を収め、心置きなくおいしいシーフードを堪能できることを楽しみにしております。
 天皇皇后両陛下のベトナム御訪問は、日・ベトナム間の友好関係に新たなページを開きました。そして来年は日・ベトナム外交関係樹立45周年を迎えます。政治、経済、文化、スポーツなどあらゆる分野で交流を更に深めていきたいと思います。
 本日は、1月の訪問の際に続き、日・ベトナム両国の特別大使を務める杉良太郎大使も同席をしていただいております。30年近く交流をけん引する功労者であり、引き続き御活躍を期待しております。
 両国の関係の深化は人的交流にも現れています。昨年、日本で学ぶベトナム人技能実習生の数が約9万人となり、国別で第1位となりました。ベトナムからの留学生は6万人を超えました。本日は、ベトナム政府から一橋大学に留学中のルオン・トゥー・フオンさん、防衛大学校に留学中のブイ・クオック・フンさん、また、看護師候補者として来日、めでたく日本の国家資格を取得したグエン・ソン・ハーさんにもお越しいただきました。日本で学んだ経験を生かしてベトナムの未来に貢献し、両国の懸け橋となっていただきたいと思います。
 また、今日の晩餐会にはお越しいただいておりませんが、先般、ベトナムからの留学生の青年が、川に入って自殺しようと試みた日本人の女性を川に飛び込んで救出してくれました。レ・タン・チュンさんでありました。古タイヤを売るお店でアルバイトをしながら日本で勉強している学生であります。レ・タン・チュンさんの勇気をたたえ、感謝したいと思います。
 一人一人紹介することはできませんが、多くのベトナムから日本に来られた留学生、あるいはビジネスマン、文化人、学者、たくさんの皆様が日本とベトナムの絆として活躍していただいています。本日の晩餐会には、このような中から両国のかけがえのない友好関係を政治、経済、学術、文化など様々な各分野で支えるリーダーの方々を各地から御招待いたしました。皆様のおかげで今日のすばらしい日・ベトナム関係があります。皆様にはこの場をお借りいたしまして感謝申し上げるとともに、更なる関係の発展に向けて引き続きお力添えを頂ければ幸いであります。
 それでは、フック首相御夫妻、御列席の皆様の御健勝、ベトナムのますますの繁栄、日・ベトナム関係の更なる発展を祈念して乾杯したいと思います。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.