稲田防衛大臣の辞任等についての会見

平成29年7月28日
会見する安倍総理 会見する安倍総理
会見する安倍総理

 平成29年7月28日、安倍総理は、総理大臣官邸で会見を行いました。

 総理は、稲田防衛大臣の辞任等について次のように述べました。

「先ほど、稲田防衛大臣から辞表を受け取りました。稲田大臣からは日報をめぐる問題について、自らの責任において特別防衛監察を行い、全容解明を行った上で再発防止策を講ずるとともに、関係者の処分を行った。その上で防衛省のトップとして監督責任を取りたい、けじめをつけたいとの強い申出がありました。そのため、大臣の意志を尊重し辞表を受理することとしました。閣僚が辞任することになったことについて、国民の皆様に心からお詫(わ)び申し上げたいと思います。
 安全保障には、一刻の空白も許されません。岸田外務大臣に防衛大臣を兼務してもらうことといたしました。北朝鮮の核・ミサイル開発が深刻さを増す中、高度な警戒態勢を維持し国民の安全を確保するため万全を期してまいります。」

「閣僚の任命責任については、全て総理大臣たる私に在ります。国民の皆様の閣僚に対する厳しい御批判については、私自身真摯に受け止めなければならないと思っております。こうした結果となりましたことについて、改めてお詫び申し上げたいと思います。」

「稲田大臣としては、稲田大臣の責任として特別防衛監察を行い自らも説明し、自らの立場について監察に対して協力し、説明し、全容解明を行い、そして再発防止策を講じ、関係者の処分を行うことによって責任、職責を果たしてきたと、こう考えております。いずれにせよ、国会から御要請があれば政府として協力し、対応していくことは当然のことであります。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

総理の一日