北朝鮮による弾道ミサイル発射事案についての会見(3)

平成29年7月29日
会見する安倍総理 会見する安倍総理
会見する安倍総理

 平成29年7月29日、安倍総理は、総理大臣官邸で会見を行いました。

 総理は、北朝鮮による弾道ミサイル発射事案について次のように述べました。

「日米、日韓において外相レベルの電話会談を行いました。また、NSC(国家安全保障局)の谷内局長と米国のマクマスター国家安全保障担当大統領補佐官との間においても電話会談を行いました。今回のICBM級ミサイルの発射は、日米双方にとって北朝鮮の脅威が増した、そのことが現実のものとなったことを認識するに至った、そういうことが明確になったことを認識するに至ったわけであります。日米韓において国連安保理における対応も含めて圧力を強化していくことで完全に一致しました。また、中国に対する働き掛けを更に強めていくことが極めて重要であるとの認識も共有いたしました。
 北朝鮮のICBMの開発は国際社会の安全に対する重大な、そして現実の脅威であり、日米、日韓そして日米韓の強い結束の下、国際社会と緊密に連携しながら毅然と対応してまいります。また、北朝鮮の更なる挑発行為も十分に可能性があります。高度の警戒態勢を維持し国民の安全確保に万全を期してまいります。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

関連リンク

総理の一日