本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル

平成29年8月7日初副大臣会議・記念撮影

  • 写真:記念撮影
  • 写真:挨拶する安倍総理1
  • 写真:挨拶する安倍総理2
  • 写真:挨拶する安倍総理3
記念撮影の写真を表示 挨拶する安倍総理1の写真を表示 挨拶する安倍総理2の写真を表示 挨拶する安倍総理3の写真を表示

 平成29年8月7日、閣議において第3次安倍第3次改造内閣の副大臣が決定しました。

 安倍総理は、新任の副大臣と共に宮中における認証式に出席後、官邸に戻り記念撮影を行い、初副大臣会議に出席しました。

 総理は、冒頭の挨拶で次のように述べました。

「副大臣会議に際しまして、一言御挨拶を申し上げます。
 第3次安倍内閣における3度目の改造内閣が発足いたしました。日本を取り戻す。5年前、国民の皆様に約束した時の強い使命感と緊張感を思い出し、しっかりと結果を出すための新しい布陣です。
 経済再生、デフレ脱却に向け、我が国経済は確実に歩みを進めています。これまでの3本の矢の経済政策を一層強化し、雇用の改善や賃金アップによる経済の好循環を継続することで、デフレからの脱却を目指します。今後も経済最優先で政権運営に当たります。
 日米同盟の絆は一層深まり、近隣諸国との関係改善が進んでいます。自由や民主主義といった基本的価値観を共有する国々と手を携え、地球儀を俯瞰する外交を一層強力に推進するとともに、国家安全保障戦略の下、積極的平和主義の旗を高く掲げ、これまで以上に、世界の平和と繁栄に貢献してまいります。
 一億総活躍社会という目標に向かって、デフレからの脱却、地方創生を成し遂げ、日本経済の新たな成長軌道を描く。積極的平和主義の旗を高く掲げ、日本を世界の真ん中で輝かせる。人生百年時代を見据え、人づくり革命を進めていく。そして、子供たちの誰もが、家庭の経済事情に関わらず、それぞれの夢に向かって頑張ることができる。
 こうした我が国の未来を拓くため、各副大臣には、それぞれの分野で全力を尽くしていただきたいと思います。
 大臣政務官と連携しつつ、部下である官僚との適切な信頼関係を築き、各府省の持てる力を存分に発揮できる環境をつくり、大臣をサポートし、国政運営に当たっていただくようお願いいたします。
 各位が、持てる力を全て職務の遂行に注ぎ込み、一丸となって国家国民のために、政治に尽力されることを期待します。
 一つ付け加えて申し上げたいと思います。現在、台風第5号が、各地で大きな被害をもたらしています。今後、日本列島を縦断し、更に被害が拡大していく恐れがあります。
 私は、各閣僚に対し、任命に際しては、必ず、災害などに対して、国民の生命と財産を守るために、緊張感を持って全力を尽くしていくよう指示しております。政府一体となって、危機管理に万全を期すよう常に指示しているわけでありますが、各位にあっても、今日任命された瞬間から、危機管理を担う者として、自覚と緊張感を持って、それぞれの持ち場においてしっかりと国民の命と財産を守っていく、この認識を持って当たっていただきたいと思いますので、よろしくお願い申し上げます。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.