日英ビジネス・フォーラム

平成29年8月31日
挨拶する安倍総理1 挨拶する安倍総理1
挨拶する安倍総理1
協力覚書の交換に立ち会う安倍総理 協力覚書の交換に立ち会う安倍総理
協力覚書の交換に立ち会う安倍総理
挨拶する安倍総理2 挨拶する安倍総理2
挨拶する安倍総理2

 平成29年8月31日、安倍総理は、都内で行われた日英ビジネス・フォーラムに出席しました。

 総理は、挨拶で次のように述べました。

「本日、メイ首相と共にこのビジネス・フォーラムで御挨拶し、また、JETRO(日本貿易振興機構)と英国国際貿易省との協力覚書の交換に立ち会うことができることを、大変うれしく思います。
 日本にとって、英国は、自由、民主主義、人権、法の支配といった基本的価値を共有するグローバルな戦略的パートナーであります。強固な日英関係は、安全保障と経済の両輪に支えられており、活発な貿易・投資関係は、二国間関係の強力な基盤であります。今回、メイ首相が大変お忙しい日程の中で日本にこうして訪問していただいたことを、大変うれしく思います。
 昨日、京都でメイ首相をお迎えさせていただきました。日本のお茶にも親しんでいただき、和風の迎賓館で会食をしながら様々な課題について議論をさせていただいたところです。本来であれば、京都で一泊ゆっくりしていただきたかったし、私もゆっくりできたのですが、しかし、メイ首相はその日のうちに新幹線で東京に移動されるということで、今朝は日本の海上自衛隊の自衛艦『いずも』に乗艦されたと、このように伺っております。ちなみにこの初代は英国で建設されました。つまり古くから安全保障におきましても日本と英国はこうした絆があったということは御紹介をさせていただきたいと思います。
 日本企業にとって、英国は、欧州における製造、販売、研究開発等のための重要な拠点であります。現在、英国には約1000の日本企業の拠点があり、16万人以上の雇用を生み出しています。
 これら日本企業の活動は、先端技術によるイノベーションの創出、技術移転による国内スキルベースの向上、生産性及び輸出力の強化、地方経済の活性化等により、英国経済に広く貢献し、英国の社会を支える様々なシステムを提供しています。
 例えば、製造業では、英国の年間の自動車生産台数約170万台のうち、日系3社のシェアが約50%を占めています。
 また、今年6月、エリザベス女王陛下は、175年前にビクトリア女王陛下が英国王室で初めて鉄道旅行を行った、スラウとパディントンの間を高速鉄道の新型車両でたどりましたが、その車両を製造したのは日本企業であります。
 私も、2014年に訪英した際、日本企業が製造した高速鉄道に試乗し、日本企業の技術が英国の皆様の生活にいかに溶け込んでいるかを肌身で感じて、うれしく思ったことをよく覚えております。
 EUからの離脱に向けて、英国は今、大きな変化の中にあります。英国のEU離脱が円滑かつ成功裏に実現することは、英国、欧州、国際社会及び世界経済にとって非常に重要であります。
 私はEU離脱後の英国経済を引き続き信頼しています。幾つもの日本企業が、EU離脱決定後も英国への新規投資を行っていることが、英国への期待感を示していると思います。
 英国からは、EU離脱交渉において、企業への影響を最小化するよう透明性及び予見可能性に配慮するとのコミットメントを頂いており、高く評価しています。EU離脱後も、英国が、企業関係者にとって魅力ある地であり続けることを確信しております。
 本日、このビジネス・フォーラムに、日英から多くの企業関係者が集まっていることは、日英双方において、企業が相手国での活動に高い期待と関心を持っていることの証左です。この機会に、フォックス(国際通商)大臣の参加の下、日英間の貿易・投資関係の一層の発展に向けて、実りある議論が出されることを期待しております。
 私も、夕方、テリーザとの首脳会談において、今後の日英経済関係の更なる強化のための具体的な協力について、じっくりと議論させていただくことを楽しみにしております。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

総理の一日