本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル

平成29年8月31日日英首脳会談等

  • 写真:握手を交わす両首脳
  • 写真:儀じょう隊による栄誉礼及び儀じょう1
  • 写真:儀じょう隊による栄誉礼及び儀じょう2
  • 写真:儀じょう隊による栄誉礼及び儀じょう3
  • 写真:日英首脳会談
  • 写真:共同記者会見1
  • 写真:共同記者会見2
  • 写真:総理主催晩餐会で挨拶する安倍総理
  • 写真:総理主催晩餐会
握手を交わす両首脳の写真を表示 儀じょう隊による栄誉礼及び儀じょう1の写真を表示 儀じょう隊による栄誉礼及び儀じょう2の写真を表示 儀じょう隊による栄誉礼及び儀じょう3の写真を表示 日英首脳会談の写真を表示 共同記者会見1の写真を表示 共同記者会見2の写真を表示 総理主催晩餐会で挨拶する安倍総理の写真を表示 総理主催晩餐会の写真を表示

 平成29年8月31日、安倍総理は、迎賓館赤坂離宮で英国のテリーザ・メイ首相と首脳会談等を行いました。

 儀じょう隊による栄誉礼及び儀じょうに続き、両首脳は会談を行い、その後、共同記者会見を行いました。

 最後に、総理は晩餐会を開催し、挨拶の中で次のように述べました。

「本日はメイ首相をお迎えしての晩餐会を皆様に、お忙しい中御出席をいただいたことを御礼申し上げます。メイ首相の初の訪日を改めて心から歓迎いたします。
 本日は、英国に投資している、多くの日本企業のトップリーダーの皆さまにお集まりいただきました。こうして一堂に会した皆様のお顔を拝見いたしますと、いかに日英両国の経済のつながりが深く、広範にわたっているかを実感いたします。加えて、メイ首相のすばらしいファッションに皆さまが魅了されている様子もよく分かります。昨日も京都でお迎えしたわけでありますが、赤と白の日の丸のデザインで、日本にしっかりと配慮したファッションで登場されました。
 皆様の中には、英国がEU離脱を決めた後に、新規の投資を決定された経営者の方々もおられます。これは日本企業の皆様が、EU離脱後の英国経済を引き続き深く信頼していることを雄弁に物語るものであります。
 メイ首相が、英国のEU離脱に関する日本企業の声によく耳を傾けていただいていることを高く評価します。円滑かつ成功裏の離脱に向けて日本企業の意見を引き続き、最大限配慮していただければと思います。何回も同じことを申し上げて、大変恐縮しております。
 さて、話題は変わりますが、19世紀後半の江戸時代末期、私の地元の山口、当時は長州藩でありますが、長州藩から5人の若者が英国に留学いたしました。
 彼らが、明治維新の後で初代総理大臣となる伊藤博文などの、いわゆる長州ファイブです。彼らは、帰国後に英国で学んだことを日本の近代化のためにいかしました。
 今日でも英国から学ぶことはたくさんあります。2019年のラグビー・ワールドカップ、そして2020年の東京オリンピック・パラリンピックの成功に向けて、それぞれ最近開催した経験を持つ英国の知見によく学んでいきたいと思います。特に、メイ首相は当時内務大臣として無事にこのオリンピック・パラリンピックを成功に導かれたわけでありまして、その時の知見も是非我々にお伝えいただきたいと思っております。
 今月、ロンドンで開催された世界陸上選手権では、男子400メートルリレーで、英国は金メダル、日本は銅メダルという快挙を成し遂げました。3年後の東京オリンピックにおいては、是非、金メダルを懸けて、すばらしいレースができればと思います。そして、どちらが勝っても、お互いに健闘をたたえ合いたいと思います。
 本日この場にお越しいただいた皆様のおかげで、今日の日英関係があります。この場をお借りいたしまして、改めて感謝申し上げますとともに、今後とも日英関係のために御尽力をいただくようお願い申し上げます。
 それでは、メイ首相の訪日が両国のパートナーシップを新たな次元に引き上げることを祈念いたしまして、杯を上げたいと思います。チアーズ。乾杯。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.