本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル

平成29年9月18日米国訪問についての会見

  • 写真:会見する安倍総理
会見する安倍総理の写真を表示

 平成29年9月18日、安倍総理は、東京国際空港(羽田空港)で会見を行いました。

 総理は、米国訪問及び衆議院の解散等に関する質問に対して、次のように述べました。

「世界の平和を脅かす北朝鮮の危険な度重なる挑発に対し、今こそ国際社会の団結が問われている。国連総会演説において、このことを強く訴えたいと思います。先般、採択された北朝鮮に対する制裁決議を、国際社会で完全に履行し、そして北朝鮮に政策を変えさせなければなりません。そうしたことをしっかりと訴えていきたいと思います。また、この国連総会のタイミングをいかして日米首脳会談、日米韓の首脳会談を行い北朝鮮問題についてもしっかりと議論し、そして、強い結束の下、緊密な連携を確認したいと思います。また、できる限り多くの首脳と話し合い、北朝鮮に対し、国際社会の連携をより強固なものにしていきたいと考えます。
 また、衆議院の解散については、いちいちお答えすることは差し控えさせていただきたいと思いますが、帰国後に判断したいと考えています。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.