本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル

平成29年10月8日日本薬剤師会学術大会

  • 写真:祝辞を述べる安倍総理
祝辞を述べる安倍総理の写真を表示

 平成29年10月8日、安倍総理は、都内で開催された第50回日本薬剤師会学術大会に出席しました。

 総理は、祝辞の中で次のように述べました。

「第50回日本薬剤師会学術大会の開催に当たり、一言御挨拶させていただきたいと思います。
 まず始めに、7月の九州北部豪雨において多くの薬剤師の方々が、被災地における医療救護活動に御尽力いただきました。この場をお借りいたしまして、改めて皆様方に御礼申し上げる次第でございます。本当にありがとうございました。
 日本薬剤師会におかれましては、山本会長のリーダーシップの下、薬学、薬業の進歩発展に多大なる御貢献をいただいておりますことに深く敬意を表します。
 また、日々国民の健康のために医療現場で貢献されている薬剤師の皆様に対して、心から感謝申し上げます。
 さて、私どもの政権の成長戦略は、健康・医療分野はその柱となるテーマであります。技術革新を最大限活用しつつ、健康寿命を更に延伸し、健康長寿社会の実現を目指します。
 本年6月に策定した未来投資戦略2017においても、日本発の優れた医薬品・医療機器等の開発・事業化を掲げており、革新的な医薬品の早期実用化などに取り組んでまいります。
 皆様には、こうした技術革新の恩恵を国民が正しく享受できるよう、その専門性を大いに発揮していただき、患者本位のかかりつけ薬剤師・薬局として活躍していただきたいと思います。
 また、急速な少子高齢化の進行など、医療を取り巻く環境は大きく変化しています。私どもは、誰もが住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最後まで続けることができるよう、地域包括ケアシステムの構築を進めています。
 皆様には、地域における薬の専門家として医療機関等と連携しつつ在宅医療・介護の一翼を担うとともに、安心して気軽に相談できる身近な存在として、病気の予防や健康づくりの面へのお力添えを期待しています。
 今回の学術大会は、日頃から皆様が医療現場、地域等で取り組まれている成果について発表され、意見交換されると聞いております。
 皆様には、このような機会も活用したたゆまぬ自己研さんにより、今後とも患者生活を支える専門家としての誇りと覚悟を持ちながら、大いに御活躍いただくことを期待しています。
 安倍内閣は、今後とも国民が安心して医療を受けられるよう全力を尽くしてまいります。皆様もお力添えいただきますようお願いいたします。
 今回は、50回目という節目の大会であります。また、次の50年に向けて更に飛躍をするための重要な大会になるものと期待しております。
 本大会の開催に御尽力いただいた石垣会長を始めとする東京都薬剤師会の皆様に対して、心から敬意を表するとともに、日本薬剤師会の今後ますますの御発展と、本日御列席の皆様の御健勝を祈念して、私からの御挨拶とさせていただきます。本日は本当におめでとうございました。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.