本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成27年1月23日アブドッラー・ビン・アブドルアジーズ・アール・サウード国王の崩御に関する安倍内閣総理大臣の談話

平成27年1月23日

1 二聖モスクの守護者アブドッラー・ビン・アブドルアジーズ・アール・サウード・サウジアラビア王国国王の崩御の報に接し、深い悲しみを禁じえません。

2 故アブドッラー国王は、広くイスラム世界と国際社会全体の平和と安定、諸外国との友好協力関係の強化、特に、国際的な宗教・文明間の対話の深化のために、長年にわたって非常に大きな役割を果たされました。

3 我が国との関係では、故アブドッラー国王は、1998年に皇太子として我が国を公式訪問されたほか、政治・経済分野はもとより、文化・人物交流でも、奨学金による日本へのサウジ人留学生の大幅増加など、日本・サウジアラビア関係の発展と拡大に大きく貢献されました。

4 英邁な指導者であられたアブドッラー国王の崩御は、我が国にとっても大変大きな損失であります。ここに、日本政府及び日本国民を代表して、サウード家の皆様、サウジアラビア王国政府及び同国国民の皆様に対し、謹んで哀悼の意を表します。

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.