本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成26年12月24日内閣総理大臣談話

平成26年12月24日
閣議決定

 この度の総選挙の結果を受け、本日、引き続き、内閣総理大臣の重責を担うこととなりました。

 この2年間、経済最優先で取り組むとともに、東日本大震災からの復興、教育の再生、社会保障改革、外交・安全保障の立て直しなど、各般の重要課題に全力で当たってまいりました。さらには、地方の創生や女性の輝く社会の実現といった新たな課題にも、真正面から取り組んできました。

 いずれも、困難な道のりであります。私たちが進めている、戦後以来の大改革は、いまだ道半ばであります。

 しかし、「この道しかない」。この度の総選挙で、私は、そう訴え続け、国民の皆様から、予想を上回る大きな支持を頂くことができました。

 大きな政策推進力を得て、各般の改革を、さらに大胆に、さらにスピード感を持って、推進します。これまで以上に身を引き締めて政権運営に当たり、総選挙で国民の皆様に約束した政策を、一つひとつ、確実に実現してまいります。

 私は、この道を、国民の皆様と共に、ぶれることなく、真っ直ぐに進んで行く決意であります。安倍内閣の更なるチャレンジに、国民の皆様の御理解と御協力を、改めてお願いする次第です。

 

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.