本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成27年2月1日内閣総理大臣声明

内閣総理大臣声明

1.湯川遥菜さんに続いて、後藤健二さんが殺害されたと見られる動画が公開されました。

  御親族の御心痛を思えば、言葉もありません。政府として、全力を挙げて対応してまいりました。誠に無念、痛恨の極みであります。

2.非道、卑劣極まりないテロ行為に、強い怒りを覚えます。許しがたい暴挙を、断固、非難します。

  テロリストたちを絶対に許さない。その罪を償わせるために、国際社会と連携してまいります。

3.日本が、テロに屈することは、決してありません。

  中東への食糧、医療などの人道支援を、更に拡充してまいります。

  テロと闘う国際社会において、日本としての責任を、毅然として、果たしてまいります。

4.このテロ行為に対して、強い連帯を示し、解放に向けて協力してくれた、世界の指導者、日本の友人たちに、心から感謝の意を表します。

5.今後とも、国内外における国民の安全に万全を期してまいります。

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.