本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成27年2月4日内閣総理大臣声明

内閣総理大臣声明
(ヨルダン軍パイロットの殺害)

1.ヨルダン軍パイロットのムアーズ・アル・カサースバ氏が、ISILにより、無残にも焼殺されたことに大きな憤りを覚える。

2.御家族の心境を思うと言葉もない。ここに、日本政府及び日本国民を代表し、衷心より哀悼の誠を捧げ、心からお悔やみを申し上げる。この困難な時に、日本はヨルダンと共にある。ヨルダン政府及び国民の皆様に対し、心からの連帯を表する。

3.このような非道、卑劣極まりないテロ行為に、強い怒りを覚える。許しがたい暴挙を、断固非難する。

4.テロには、断じて屈してはならない。我が国は、国際社会と連携しつつ、人道支援を更に拡充し、テロとの闘いを進める国際社会において、その責任を毅然として果たしていく。

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.