本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成27年3月23日安倍内閣総理大臣によるリー・シェンロン・シンガポール首相宛弔意メッセージ

 貴国の建国の父であり、閣下の御尊父であるリー・クァンユー元首相の御訃報に接し、深い悲しみを禁じえません。ここに、日本国政府と日本国民を代表して、また、私個人としても、貴国政府と貴国国民、そして御遺族の皆様に対し、謹んで哀悼の意を表します。

 リー・クァンユー元首相は、アジアが生んだ現代における最大の偉人の一人でした。その類まれなるリーダーシップと卓抜した識見により、今日の貴国の輝かしい発展と繁栄を実現され、アジア大洋州地域、さらには世界の平和と安定のために生涯を通じて尽力される等、半世紀以上にわたって極めて大きな役割を果たされ、世界中から深く敬愛されてきました。

 また、我が国との関係では、1968年の国賓訪問を始め、首相在任中のみならず退任後も頻繁に訪日され、今日の良好かつ緊密な二国間関係の発展に顕著な功績を挙げられました。私としても2014年にお目にかかった機会などを通じ、その卓越した叡智に深い感銘を受けたことを覚えております。

 このような英邁な指導者の逝去は、貴国のみならず、国際社会にとっても大きな損失であります。貴国国民が、この深い悲しみを一日も早く乗り越えられ、閣下の下で一致団結し、貴国が更なる御発展を遂げられることを祈念してやみません。

 リー・クァンユー元首相の偉大なる御功績を偲びつつ、御冥福を心からお祈り申し上げます。


平成27年3月23日
内閣総理大臣 安倍晋三

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.