総理指示

平成28年2月3日

総理指示

 北朝鮮による「人工衛星」と称する弾道ミサイル発射の国際機関への通報に関し、以下のとおり指示する。

  • 関係省庁間で協力し、情報の収集・分析に万全を期すこと。

  • 米国や韓国等関係諸国と連携し、北朝鮮が発射を行わないよう、強く自制を求めること。

  • 不測の事態にも備えるなど、国民の安全・安心の確保に万全を期すこと。

関連リンク

これまでの総理の指示・談話など