本21日(現地時間20日夜)、パリでの銃撃テロ事件を受けた安倍内閣総理大臣によるフランソワ・オランド・フランス共和国大統領宛てお見舞いメッセージ

平成29年4月21日

 この度、パリ一番の目抜き通りとして世界中から数多くの人々が訪れるシャンゼリゼで、テロが起きたことに、大きな衝撃を受けています。
 ここに日本国政府及び日本国民を代表して、犠牲者のご遺族に対し心からの哀悼の意を表するとともに、負傷者の方々にお見舞い申し上げます。
 このようなテロは、文明世界全体に対する攻撃であり、断固非難します。この困難な時に、フランソワ及びフランス国民の皆様に対し、心からの連帯を表明します。
 日本は、引き続きフランスを含む国際社会と手を携えて、テロと闘っていく決意です。我々の結束は、いかなるテロリズムにも勝ることを、フランスと共に、世界に示していきたいと思います。

これまでの総理の指示・談話など