本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル

平成30年4月13日大阪府訪問

  • 写真:花園ラグビー場で説明を受ける安倍総理
  • 写真:記念撮影1
  • 写真:記念撮影2
  • 写真:記念撮影3
  • 写真:企業を視察する安倍総理1
  • 写真:企業を視察する安倍総理2
  • 写真:企業を視察する安倍総理3
花園ラグビー場で説明を受ける安倍総理の写真を表示 記念撮影1の写真を表示 記念撮影2の写真を表示 記念撮影3の写真を表示 企業を視察する安倍総理1の写真を表示 企業を視察する安倍総理2の写真を表示 企業を視察する安倍総理3の写真を表示

 平成30年4月13日、安倍総理は、大阪府を訪問しました。

 総理は、東大阪市で花園ラグビー場を訪問しました。その後、精密機械用工具を製造する企業を視察し、続いて、工業用温度計を製造する企業を視察しました。

 視察後、加計学園の獣医学部新設に関連する愛媛県作成の文書をめぐる記者の質問及び視察の感想について、総理は次のように述べました。

「まず、愛媛県の文書については政府においても確認を行ってきたところでありますが、本日農水省から文書について発表がありました。その上で、現在、行政に対する国民の皆様の信頼が揺らいでいるという状況にあります。まずはしっかりと徹底的に調査し、全容を明らかにし、膿(うみ)を出し切って、その上において皆様の信頼を得るためにしっかりと立て直していきたい。そのために全力を尽くしていきたいと、このように思います。
 信なくば立たず。これは政治の基本でございますから、皆様の信頼を回復するために全力を尽くしていく決意でございます。
 本日は大阪を視察させていただきました。花園ラグビー場も拝見させていただきましたが、来年はラグビーのワールドカップも開催されます。そしてG20もここ大阪で開催されるわけでありますが、正にこの大阪から日本、そして世界に発信していきたいと、こう思っております。
 今日はこの東大阪において中堅企業、中小企業、視察させていただきました。ものづくりに対する熱意、本当に感じることができましたし、また社員を大切にしモチベーションを上げていく。残業を無くす中において、生産性も上げていく。正に私たちが進めている人づくり革命も含めた生産性革命、働き方改革、全て体現していただいているなとこのように感じました。その中ですばらしいものづくり、製品が生まれ世界に輸出されています。日本の経済、7割は中小企業が支えているわけでありますから、中小企業の働き方改革を行い、そして生産性革命をしっかりと進めていく中において、中小企業で働く皆さんの給料が上がっていく、そして消費が増えて経済が成長していく、この経済の好循環をつくり出していきたいと、こう思っています。
 繰り返しになりますが、来年はG20が大阪で開かれ、そして2025年の大阪万博招致に向ける一つの大きな力にしていきたいと、こう考えております。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.