規制改革推進会議

平成30年4月16日
発言する安倍総理1 発言する安倍総理1
発言する安倍総理1
発言する安倍総理2 発言する安倍総理2
発言する安倍総理2

 平成30年4月16日、安倍総理は、総理大臣官邸で第28回規制改革推進会議に出席しました。

 会議では、放送を巡る規制改革について議論が行われました。

 総理は、本日の会議を踏まえ、次のように述べました。

「電波は、国民共有の財産であるとともに、Society 5.0時代の重要インフラであり、時代の変化を見据えた有効活用を進めることが重要です。
 現在、急速な技術革新により、放送と通信の垣根はどんどん無くなっております。コンテンツの世界ではもはや国境は無くなり、グローバルな競争時代に突入しています。そして今後、こうした変化は一層拍車がかかっていくことが予想されます。
 これはピンチではありません。最初から、日本のコンテンツはグローバルな世界では通用しないと、諦めていては駄目です。我が国のコンテンツ産業の活力を高める、これは大きなチャンスでもあると捉えなければなりません。この大きな環境変化を捉えた放送の在り方について、改革に向けた方策を議論すべき時期にきています。
 委員の皆様には、本日示された検討課題等について、イノベーションの視点、グローバルの視点など幅広い多角的な視野から、そして何よりもユーザーの目線に立って、是非未来を見据えた放送の在るべき姿を大きく議論いただくようお願いいたします。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

関連リンク

総理の一日