本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル

平成30年6月12日米朝首脳会談についての会見

  • 写真:会見する安倍総理
会見する安倍総理の写真を表示

 平成30年6月12日、安倍総理は総理大臣官邸で会見を行いました。

 総理は、米朝首脳会談について次のように述べました。

「まず初めに、今日の米朝首脳会談に至るまでのトランプ大統領のリーダーシップと努力に対して、心から敬意を表したいと思います。
 今回の米朝首脳会談において、朝鮮半島の完全な非核化に向けた、金正恩(キム・ジョンウン)委員長の意志を改めて文書の形で確認した。このことを、北朝鮮をめぐる諸懸案の包括的な解決に向けた一歩と支持いたします。
 そして私たちにとって、日本にとって、重要な大切な拉致問題について、先般、トランプ大統領に対して、私からお話をしたことをしっかりと言及していただいたことを高く評価いたします。拉致問題について明確に提起していただいたことについて、トランプ大統領に感謝したいと思っています。
 詳細については、トランプ大統領と電話でお話をして伺いたいと、こう思っております。
 今後も、拉致、核、ミサイルといった北朝鮮をめぐる諸懸案について、解決を目指して日米で、日米韓で、また中国、ロシア、国際社会としっかりと連携しながら全力を尽くしていきたいと、こう考えております。
 もちろん拉致問題については、日本が直接、しっかりと、北朝鮮と向き合い、二国間で解決していかなければならないと決意しております。」

「合意文書については、米側から説明が既にあったとおりであります。
 しかし、拉致問題について最終的に解決をしていくのは、正に日本の責任において、二国間の問題として、日朝で交渉しなければならない問題であります。
 その意味において、まずはトランプ大統領が直接金正恩委員長について、この問題を解決する必要性について言及した。提起した。これは初めてのことであります。
 米国の大統領が金正恩委員長に対して明確に言及したということは初めてのことであり、今後、日本としてしっかりとこの問題について全力を尽くしていく。そして日本と北朝鮮との間で解決をしなければならない問題であろうと、このように考えております。」

関連動画

 
動画が再生できない方はこちら(政府インター ネットTV)

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.