本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル

平成31年2月4日日独首脳会談等

  • 写真:握手を交わす両首脳1
  • 写真:メルケル・ドイツ首相を出迎える安倍総理
  • 写真:儀じょう隊による栄誉礼及び儀じょう1
  • 写真:儀じょう隊による栄誉礼及び儀じょう2
  • 写真:握手を交わす両首脳2
  • 写真:日独首脳会談
  • 写真:日独共同記者会見1
  • 写真:日独共同記者会見2
  • 写真:日独共同記者会見3
  • 写真:日独共同記者会見4
  • 写真:日独経済関係者による表敬を受ける両首脳
握手を交わす両首脳1の写真を表示 メルケル・ドイツ首相を出迎える安倍総理の写真を表示 儀じょう隊による栄誉礼及び儀じょう1の写真を表示 儀じょう隊による栄誉礼及び儀じょう2の写真を表示 握手を交わす両首脳2の写真を表示 日独首脳会談の写真を表示 日独共同記者会見1の写真を表示 日独共同記者会見2の写真を表示 日独共同記者会見3の写真を表示 日独共同記者会見4の写真を表示 日独経済関係者による表敬を受ける両首脳の写真を表示

 平成31年2月4日、安倍総理は、総理大臣官邸でドイツ連邦共和国のアンゲラ・メルケル首相と首脳会談等を行いました。

 儀じょう隊による栄誉礼及び儀じょうに続き、両首脳は会談を行った後、共同記者会見を行いました。

 その後、両首脳は日独経済関係者による表敬を受けました。

 総理は、表敬の挨拶で次のように述べました。

「日独経済界で御活躍されている皆様に至っては、今日はお集まりいただきまして、ありがとうございます。本日来られたドイツの皆様には、心から歓迎します。
 3日前に、日EU(欧州連合)・EPA(経済連携協定)が発効しました。メルケル首相の時期を得た訪日は、日本とドイツがこの新しい経済圏を牽引(けんいん)していくことの強いメッセージとなります。食品産業から製造業、大企業から地方、中小企業に至るまで、これまで培ったビジネス交流を、EPAを活用し、更なる拡大にされていただきたいと思います。日本政府もJETRO(日本貿易振興機構)など関係機関を最大限に活用して、後押ししていきたいと考えています。
 先ほどの会談でも、Industry 4.0を掲げるドイツと、Society 5.0を掲げる日本の間で連携を強化していくことで一致しました。
 日独は主にものづくりや中堅・中小企業を重視する伝統を持ちますが、エコタウンに自動運転やAI、IoTなど先端技術の活用を統合し、豊かでクリーンな未来社会の創造をリードしていきたいと思います。G20大阪サミットでも、重要なテーマとなります。
 本日はこのような観点から、活躍を遂げ、日独経済交流に貢献されている皆様に御出席いただきました。ドイツではメルケル首相自らが体現しておられますが、私も女性が輝く社会の実現を推進しております。本日も、女性の企業経営者に御参加いただきました。うれしく思います。この機会を日独の経済協力の更なる発展に向けた大きな一歩としていきたいと思います。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.