台風第10号に関する関係閣僚会議

令和元年8月16日
発言する安倍総理1 発言する安倍総理1
発言する安倍総理1
発言する安倍総理2 発言する安倍総理2
発言する安倍総理2

 令和元年8月16日、安倍総理は、総理大臣官邸で台風第10号に関する関係閣僚会議を開催しました。

 総理は、本日の議論を踏まえ、次のように述べました。

「大型の台風10号は中国地方を縦断し、現在、日本海を北上しています。今後も、東日本から北日本にかけて激しい雨のおそれが見込まれます。この台風により、これまでにお亡くなりになられた方がいるほか、多くの県で負傷者が見られ、住宅の損壊被害、公共交通機関の大幅な乱れも発生しました。お亡くなりになられた方の御冥福をお祈りするとともに、被災された全ての方々にお見舞いを申し上げます。
 台風10号は、明日未明までに温帯低気圧に変わると見られますが、国民の命を守るため、引き続き、迅速かつ分かりやすい情報発信や警戒を徹底してください。また、自治体や関係機関と緊密に連携しつつ、今回の台風による被害への対応に全力を挙げるとともに、今後、更なる被害を把握した場合には、必要な対策に取り組んでください。
 国民の皆様におかれましては、引き続き、油断することなく、土砂災害や河川の氾濫、暴風・高波に十分警戒してください。また、各地で猛暑が見込まれますので、熱中症への備えなどにも十分気をつけていただきますようにお願い申し上げます。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

関連リンク

総理の一日