国と地方の協議の場

令和2年3月10日
発言する安倍総理1 発言する安倍総理1
発言する安倍総理1
発言する安倍総理2 発言する安倍総理2
発言する安倍総理2
発言する安倍総理3 発言する安倍総理3
発言する安倍総理3

 令和2年3月10日、安倍総理は、総理大臣官邸で国と地方の協議の場(令和元年度臨時会合)に出席しました。

 会議では、新型コロナウイルス感染症対策について協議が行われました。

 総理は、冒頭の挨拶で次のように述べました。

「地方6団体代表の皆様には、大変急な御連絡にもかかわらず、大変お忙しい中、こうして御出席いただきまして厚く御礼を申し上げたいと思います。
 本日は、新型コロナウイルス感染症対策について御議論をいただくために、こうした場を設けさせていただいた次第です。
 先般、全国全ての小学校、中学校、高等学校、そして特別支援学校について臨時休業を行うよう要請をしたところであります。
 この度の要請については、ここ1、2週間が瀬戸際という切迫した状況の中で、子供たちの安全と健康を守るために、時間をかけるいとまがなかったため、そういう中での判断であったため、学校生活を送っていた子供たちや、地方の皆様に、十分に事前に御説明する時間がなかったと、大変申し訳なく思っているところでございます。
 こうした中で、今回の急な対応に、地方の皆様が大変な御尽力をいただいていること、心から感謝を申し上げたいと思います。
 本日、国内の感染拡大を防止するため、政府として万全の対応を行うため、感染拡大防止策と医療提供体制の整備、小学校の臨時休業に伴って生じる課題への対応、事業活動の縮小や雇用への対応、事態の変化に即応した緊急措置を柱とした、第2弾となる緊急対応策を取りまとめました。
 また、政府としては、緊急事態宣言など、もう一段の法的枠組みの整備が必要と判断し、現行の新型インフルエンザ等対策特別措置法に新型コロナウイルス感染症を追加するための法律改正について、本日国会に提出したところです。
 今後とも、必要な対策は躊躇(ちゅうちょ)なく講じてまいります。
 今回のウイルスについては、いまだ未知の部分が多く、最終的な終息に向けては、政府だけでなく、地方自治体や医療関係者、事業者、そして国民の皆様が一丸となって対策を更に進めていく必要があります。
 国と地方が、心を一つにしてしっかりと対応していくことが大切であります。本日は、皆様からは忌憚(きたん)のない御意見を頂きたい。皆様から頂いた御意見を政策に反映させていきたいと、このように思いますので、どうぞよろしくお願いします。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

関連リンク

総理の一日