未来投資会議

令和2年7月30日
発言する安倍総理1 発言する安倍総理1
発言する安倍総理1
発言する安倍総理2 発言する安倍総理2
発言する安倍総理2
発言する安倍総理3 発言する安倍総理3
発言する安倍総理3
発言する安倍総理4 発言する安倍総理4
発言する安倍総理4
発言する安倍総理5 発言する安倍総理5
発言する安倍総理5
発言する安倍総理6 発言する安倍総理6
発言する安倍総理6
発言する安倍総理7 発言する安倍総理7
発言する安倍総理7

 令和2年7月30日、安倍総理は、総理大臣官邸で第42回未来投資会議を開催しました。

 会議では、新型コロナウイルス感染症の時代、さらにはその先の新たな社会像の検討に向けた議論テーマについて議論が行われました。

 総理は、本日の議論を踏まえ、次のように述べました。

「成長戦略については、先日、令和2年度の成長戦略を閣議決定したところでありますが、本日、次なる成長戦略に向けた議論をスタートさせました。新型コロナウイルス感染症により、世界は大きく変化しました。新たな日常に向けて、成長戦略も検討を進めていく必要があります。そのため、新型コロナウイルス感染症の時代、さらにはその先の新たな社会像も視野に入れながら、医療分野の専門家の参加も含めて、当分の間、本会議を拡大して議論を行うことといたしました。
 感染の拡大をできるだけ抑えながら、経済社会活動としっかりと両立を図っていく。この険しい道のりの中で、雇用と事業はなんとしても守り抜いていかなければなりません。仕事のやり方の更なる見直しを進め、新しい働き方を定着させるとともに、新たな日常に向けたビジネスモデルの変革をお願いする必要があります。新たな時代に向けて、次なる事態にも備えることのできる強靱(じん)性を持った社会構造を構築する。未来に向けた社会変革の契機としなければなりません。政府も、これに向けた環境整備を検討します。
 初回である本日は、今後の審議の進め方、どのようなテーマを議論すべきかということについて、御意見を頂きました。今後は、具体的な方向性について、御検討いただきたいと思います。
 西村担当大臣は、本日の民間議員の皆様の御意見を踏まえて、今後の審議について具体的なテーマ設定を行い、早速議論が開始できるよう調整を進めていただきたいと思います。本年末に中間報告を取りまとめます。そして、来年夏に、最終報告を取りまとめることができるよう、議論を進めてまいります。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

関連リンク

総理の一日