国と地方の協議の場

令和2年12月14日
挨拶する菅総理1 挨拶する菅総理1
挨拶する菅総理1
挨拶する菅総理2 挨拶する菅総理2
挨拶する菅総理2
挨拶する菅総理3 挨拶する菅総理3
挨拶する菅総理3
挨拶する菅総理4 挨拶する菅総理4
挨拶する菅総理4

 令和2年12月14日、菅総理は、総理大臣官邸で令和2年度第3回国と地方の協議の場に出席しました。

 会議では、令和3年度予算編成及び地方財政対策について、及び新型コロナウイルス感染症対策について協議が行われました。

 総理は、冒頭の挨拶で次のように述べました。

「地方6団体の代表の皆様には、御出席いただきまして、ありがとうございます。また、日々、新型コロナウイルス感染症対策に御尽力いただいていることに、心から感謝を申し上げます。
 国民の命と暮らしを守る、これが私の政権が直面する責務であります。そのため、雇用を維持し、事業を継続し、経済を回復させ、新たな成長の突破口を切り開くべく、新たな経済対策を取りまとめました。
 医療機関や高齢者施設の支援、雇用と事業の支援に加え、地方創生臨時交付金1.5兆円、グリーン投資を大きく進めるための基金2兆円、官民のデジタル改革1兆円超などを含め、あわせて財政支出40兆円、事業規模73.6兆円の対策となっています。今後、この経済対策の実施に全力を挙げてまいります。皆様には、御理解と御協力をお願い申し上げます。
 『活力ある地方を創る』これは菅内閣の最重要政策の一つです。そのために、国と地方が心を一つにして、連携して取り組んでいくことが大切であります。本日は忌憚(きたん)のない御意見を頂きますよう、よろしくお願い申し上げます。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

関連リンク

総理の一日