北朝鮮によるミサイル発射事案等についての会見

令和3年3月25日
 
動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

(北朝鮮によるミサイル発射事案について)

 先ほど、北朝鮮が弾道ミサイル2発、発射いたしました。昨年の3月29日以来、約1年ぶりのミサイル発射は、我が国と地域の平和・安全を脅かすものであります。また、国連決議違反でもあります。厳重に抗議し、強く非難いたします。政府としては、我が国の排他的経済水域の外の日本海に落下した、このことは確認しておりますが、これまで以上に警戒監視を強める必要があり、先ほど国家安全保障会議を緊急に開催し、情報の集約や対応について協議いたしました。米国や韓国を始め、関係諸国と緊密に連携し、国民の命と平和な暮らしを断固として守り抜く決意であります。

(五輪の聖火リレーについて)

 本日からスタートする聖火リレーは、オリンピック・パラリンピック大会が近づいてきていることを国民の皆さんに実感してもらえる貴重な機会です。それぞれの地域において機運を高めていただきたいと思います。安全・安心な大会にするために感染防止を徹底し、東京都、組織委員会、IOC(国際オリンピック委員会)と連携しながら進めてまいります。
 そして、またこの新型コロナでありますけれども、地域ごとに注視して、それぞれの自治体と連携しながら万全の態勢で臨んでいきたい、このように思います。

(五輪開催について)

 今、申し上げましたように、コロナ対策には万全を期して、それぞれの地域と連携しながら、感染拡大防止を徹底し、安全・安心の大会にしていきたい、このように思います。

(ミサイル発射の意図について)

 今、分析中であります。

(バイデン大統領との北朝鮮政策をめぐる意見交換について)

 今回の弾道ミサイルを含めて、対北朝鮮対策については、しっかりと議論したい、連携をとっていきたい、このように思います。

関連リンク

総理の演説・記者会見など